お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

インプラント治療に影響を及ぼす全身疾患は、リウマチ性疾患(シェーグレン症候群、リウマチ性関節炎等)の他、骨代謝性疾患(骨粗しょう症)、ホルモン異常(糖尿病など)などがあり、十分注意しないといけません。ただし、内科にすでに通院されて病状も安定し、しっかりとコントロールされている場合、インプラント治療は可能であると考えています。

なので、インプラント治療を希望の患者さんは、まずはご自身の体の状態を把握することと、もし仮に全身疾患があるのであれば、しっかり治療を受けること、もうひとつ歯科とお医者さんとで情報のやり取りすることが重要であると思います。

インプラント治療の成否は、得られた骨-インプラントの結合の継続維持に懸かりますが、十分な骨量と骨質が確保され、通常以上の口腔ケアが必要になります。インプラントの再治療は不可能ではありませんが、全身疾患とお口の中の管理が十分され安定した状態でなければなりません。

全身疾患の悪化によってはお口の中に影響をきたす場合もあり、もし仮に再治療が必要になった場合、植立したい場所の骨の回復まで期間を要することや、骨を増やす手術が必要となるかもしれません。もしかしたら再治療で満足のいく結果が得られない場合もあるかもしれません。

もし気になる症状がある方は、いつでもご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

虫歯の治療というと、ごくごく一般的な方法は銀歯で治す治療法になるのでしょうか?

はじめて来院される患者さんのお口の中を拝見しますと、銀歯が装着されているケースは、やはり多く感じます。

銀歯で治療する場合、それ自体には歯に対して当然、接着力はなく、接着剤の力を借りないとくっつけることができません。そのため、削る形が重要になってきます。イメージとしては、摩擦力が働くようにある程度深く(1.5㎜程度)削らないといけませんし、またメリハリのある形にしないといけません。そうすると、虫歯の大きさに対して歯の切削量がどうしても多くなってしまいます。なるべくなら健康な部分は削りたくないと、常に思っています。

そういった思いから、当医院ではコンポジットレジン(歯科用プラスチック)による治療に力を入れています。なんといっても一番の利点は、歯への接着性がありますので、虫歯のところだけを削ればいいので、健康な部分をほとんど残すことが可能です。治療成績を見ても、銀歯で治すのと全く変わりません。また材質や充填方法によっては、どこを治したか、わからないようにすることも十分可能です。

ただし、虫歯の大きさや治療の本数、回数の制限によっては選択できない場合もありますので、いつでもご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

歯が虫歯になると、当然虫歯を取るという治療が必要になります。削った後はそこに詰めるものが必要になるのですが、通常保険治療では銀歯で治すか、コンポジットレジン(歯科用プラスチック)で治すかの選択をすることになります。

それぞれの治療の比較をすると

銀歯で治す場合の利点として①コンポジットレジンよりも物理的な強度がすぐれている。②昔から行われている治療方法である。欠点としては①型どりをして作るタイプなので削る量が多くなる。(一部、健全な歯を削らないといけない)②接着剤の維持になるので、接着剤が劣化してくると外れやすくなる。③使用する金属は合金になるので、アレルギーの問題がある。

コンポジットレジンで治す利点としては①虫歯のところのみを削るだけですむ(健全な歯を残すことができる)②歯の色に近似しているので、見た目がよい。③歯と化学的にくっつけることができるので、外れることはほとんどない。④色が変わることがあるが、研磨をするとまた艶を出すことができる。欠点としては①詰める大きさによっては欠けることがある。②経年的な吸水により材質の劣化がある

当医院では、なるべくコンポジットレジンでの治療を行うように心がけています。治療する側としてなんといっても歯を削る量が必要最低限で済むというのが、その理由です。

ただし、やはり術前の虫歯の大きさによっては、銀歯での治療の方に分があることもありますので、気になることがあれば、いつでもご相談ください。

 

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

日々診療をしている中で、一番やりたくない診療は抜歯です。患者さんの大切な歯を抜くという行為ほど精神的につらいことはありません。

歯を失う原因の約80%は、虫歯と歯周病が占めています。そのうち、虫歯よりも歯周病が原因で抜歯になってしまう方がより多くなっています。

虫歯の場合は症状が進行していくほどに、痛みも大きくなっていくので、苦手な歯医者さんでも「さすがに行かないといけないかな」と感じていただけると思うのですが、困ったことに歯周病の場合は症状が進行しても、また進行していく過程でも、痛みを伴わないことが多いため、患者さんに感じる程度の症状が出たときはかなり進行していることが予想されます。

歯周病の最たる症状は、歯を支えている顎の骨が溶けることです。つまりこの骨が溶ける痛みが無い所が、歯周病の怖い所です。しかも一度失った骨は基本再生しません。歯周病が原因で来院された患者さんの治療の目標は今ある骨の位置を治療によってキープしていくことになります。

そのため初診時に、あまりにも歯を支えている顎の骨がない場合は残念ながら、抜歯を選択しないといけなくなってしまいます。

レントゲン写真や歯周検査を行うことで、簡単にリスク評価を行うことができますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

 

 

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

スポーツ中の歯を保護するために、マウスピースをお勧めします。一般的にはボクシング、空手、アメリカンフットボール、サッカー、ラグビー、ホッケーなどのコンタクトスポーツにおいて、口の中を保護し、歯の破折や歯肉、唇等の外傷を予防、軽減させるために使用されています。また、強い衝撃による脳震盪に対しても効果があるといわれています。さらにたとえ外傷により歯が破折しなくても、強い衝撃で神経が死んでしまい歯の色が変色してしまう場合もあり、注意が必要です。

今現在、アメリカンフットボールやラグビー、ボクシングにおいては装着を義務付けられています。そのほか、野球、ソフトボール、バスケットボール、バレーボールなどいろいろなスポーツにおいて推奨されています。

こうしたスポーツでは、持てる力を最大限に発揮するために歯をくいしばることがあります。くいしばりの瞬間には、思いがけず歯が欠けたり、詰め物が取れたり、舌や頬を噛んでしまう場合もあるので、これらの予防になります。また、マウスガードを噛みしめることで強い瞬発力を生み出し、集中力を高めるともいわれています。

もし、気になることがありましたら、いつでもご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

時々来院される患者さんの中に、お口の中がネバついて気になるとか、酸っぱい味がするとおっしゃられるかたがいらっしゃいます。

例えば、お口の中が不衛生ですと、歯周病が発症し、歯肉からの出血や歯と歯肉の間の溝が深くなり、そこに多量の歯周病菌がすみつき、そこから染み出てくる液体(歯肉溝浸出液)や老廃物が混じり合い、ネバネバして酸っぱいような味さえします。

その場合は、まず徹底的なお口の清掃をすることです。歯磨き剤はつけずに、歯ブラシの他に歯間ブラシを使用して、特に歯と歯肉との境目に重点を置きながら清掃してみてください。老化によって、歯の周りの組織の能力が弱まり、抵抗力が無くなりますので、口腔清掃の他に栄養状態の低下や疲れすぎにも気を配ってください。

また糖尿病には5つの合併症がありますが、この度6つ目の合併症として歯周病が加わりましたので、生活習慣病の予防と適切な内科的な治療とお体のコントロールが必要となります。唾液の分泌が低下すると乾燥感が生じます。そのためにネバネバ感も増長します。水分を多くとるよう心掛け、それでも不快な時は、人工唾液として、グリセリンとハチアズレを混合したものやヒアルロン酸配合保湿剤や潤い浄化をたすける口腔用ジェルなどがあります。

ほか、気になる症状がある場合は、いつでもご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

虫歯が大きくなり、何もしなくても痛みがあるような時には、多くの場合、歯の神経を取る処置が必要となります。歯の中心部には神経や血管が収まっている管があるのですが、根の先端からそれらを除去する治療です。

神経が無くなることにより、比較的早期に今まであった症状も無くなりますが、根の中にはまだ感染した部分が残っているので、何回か消毒が必要となります。特に奥歯の場合、根っこ自体が複数にわかれているので、回数が余計かかってしまいます。

時々ですが、患者さんの中で、根の消毒中に来院が途絶え、かなり時間が経過したのち、当該歯に再度痛みが出て再来院されるケースがあるのですが、その場合は、仮のふたがとれて根の内部に再感染を起こし、大きな虫歯になっているようなことがあります。

歯の内部は、外側と比べて歯そのものが軟らかく、虫歯になると進行が速いです。またこの時は神経はないため、虫歯による痛みはありません。この時の痛みは根の先にまで感染が及んだことによるものになります。中の虫歯があまりにも大きく進行している場合は、最悪抜歯の可能性もあります。

ですので、神経を取るような治療を受けられる場合は、最後までかかられることをお勧めいたします。

 

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

虫歯や歯周病、または歯の破折などによって、不幸にして歯をなくしてしまった場合、当然そこには新たな歯を入れないといけません。

一般的には、ブリッジ・入れ歯・インプラントの3種類の方法が考えられます。

ブリッジとは、歯がない所に対してその両隣の歯を一回り小さく削り橋渡しの歯を入れる固定式の歯になります。利点は、患者さん自身による取り外しの必要はなく、自分の歯のように噛めますし、保険適応のものもあります。欠点は、前後の歯を削らないといけないというのが最大の欠点になります。

入れ歯とは、取り外しの歯になります。利点は、前後の歯削らずに済むか、もしくは極々少量の切削で入りますし、保険適応のものもあります。欠点は、患者さん自身で取り外すタイプで、お食事のあとは、自分で外してお掃除する必要があります。また部分入れ歯の場合はバネの維持を自分の歯に求めるので、ケアが悪いと虫歯になりやすいです。その他に場所によってはそのバネの部分が見た目に影響をきたす場合があります。

インプラントとは、顎の骨に人工歯根を植えてその上にかぶせ物を入れる方法です。利点は、前後の自分の歯を削らず済むのと、固定式になりますので自分の歯のように噛めて、ほかの歯のように歯磨きもできます。欠点は自費診療なることと、ケアが悪ければ虫歯になりませんが、歯周病にはなりますので、定期的なチェックが必要になります。

言葉だけでは、わかりづらい部分がありますので、わからないことがあれば、いつでもご相談ください。

 

2017年5月号の美人百花に当院が掲載されました。
ぜひご覧ください。

2017050901 2017050902

5月24日(水)は通常診療いたします。
何卒よろしくお願い申し上げます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 13