お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

転んだりして歯をぶつけた場合などで、歯冠部(お口の中で白く見える部分)が折れた場合は、歯根(根っこの部分、通常歯茎に埋まっている部分)に問題なければ、神経のまで折れている線が達している場合は、根管治療(神経の処置)を行ったうえで、歯の上に土台を立てて、かぶせ物の装着が可能だと思われます。

歯根にひびが入っている歯は、放置をすると歯槽骨(歯根が埋まっている骨)にも悪影響が現れることがあり、とても注意が必要です。最悪の場合、抜歯が必要なこともあります。

たとえば、抜歯をしたとして、その後の治療としては、健康保険の範囲の中であればブリッジや部分入れ歯が考えられ、周囲の歯を保存したのであれば、部分入れ歯の適応ですが、維持するための歯に架けるためのバネなどが場所によっては審美性を損なう恐れがあります。

それ以外の方法としては、金属製の人工歯根を歯槽骨に直接埋め込み、歯根の代わりにするインプラントがあります。これは、欠損した場所に歯科用ドリルで穴をあけ、インプラント体を埋め込み、その上に上部構造物(歯冠部分)を作製するもので、自然の歯に近いものができます。ただし、自費治療であること、治療期間が長くかかることがあります(最低でも3か月程度)。

もしも、気になる症状がある場合はいつでもご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

歯が失われ、傷が治った後の場所は少し盛り上がった土手状になってしまいます。それを歯科では『歯槽提』とか『顎堤』と呼んでいます。この土手の形や硬さが、その上に乗る義歯の安定や義歯の噛み具合に影響してきます。高く、幅のある立派な歯槽提の場合は、よく吸い付き、噛んだ時にも安定し、よく噛める義歯ができます。

歯が抜ける前に、その歯が重度な歯周病にかかっていた場合、歯の周囲の骨は歯周病のために吸収し、歯がなくなったとき貧弱な歯槽提しか残らないという結果になります。

歯を不用意に抜歯するのは避けたいものですが、保存できる可能性のなくなった歯は抜歯することにより、健全な歯槽提を確保するという選択も必要になります。相反しますが、歯周病にかかっている歯の根でも残っていると歯槽提が痩せずにすみますので、可能性のある歯は極力残す努力も必要です。

歯がなくなってしまうと、ご自分でよく噛む摂食と比べ、噛めずに丸飲みする頻度が多くなり、低栄養状態となってしまい、長ずると身体・精神機能の低下を招き、身体活動量・体力低下となり、生活の質が著しく阻害されてしまいます。

食事が脳を活性化させます。健康な人と認知症の患者さんについて残存歯と脳の萎縮度の関係を調べたところ、残っている歯は、健康な人に比べて約3分の1しかなく、脳の萎縮度では、健康な人と比べ15%縮んでいることが判明しました。

そのためにはお口の中を常によく噛めるような状態にしておくことが重要です。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

歯を失った後の機能回復の方法として、患者さんが自分で取り外すことのできないブリッジ(欠損している歯の両隣の歯に架ける様式)やインプラント、取り外し可能な入れ歯(義歯)があります。

これらの方法の理論的な違いは、噛む力の負担方法です。ブリッジはその力を両隣の土台の歯だけで受け止め、入れ歯は歯のない部分の歯槽提(土手)の部分を利用し、インプラントは歯を失った歯槽骨部分に人工の歯根を埋め込んで天然歯の代わりとして使う方法です。人工歯根の種類は多くの種類があり、材質は主にチタンが使われます。どうしても取り外しの義歯が受け入れられない人や、義歯ではよい結果が期待できないケース、また歯を削ってブリッジにする方法に抵抗感のある人などによく応用されます。

原理は人工歯根部分が骨と癒着することを目指していますので、歯槽骨がたくさん存在することや、骨の性質なども大きな影響力を持っていますので、正確な診断が必要となり外科的な手術が必要になります。また保険が効かなく、費用的な負担が大きくなります。

天然歯の周りにあって歯を支えている組織に歯肉、セメント質、歯根膜、そして歯槽骨があり、歯周組織と呼ばれます。特に歯根膜は、歯根と歯槽骨の間にある繊維性の組織・血管・神経などから構成されていて、歯に加えた噛む力(咬合力)をハンモックのように受け止め、力をやわらげ、その時の感覚を脳に知らせる働きをします。人工歯根にはこのような働きがないため、時として最初は違和感として感じることもあります。

何かわからないことがあれば、いつでもご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

たとえば、歯ぐきの土手の部分が浅い(高さの低い)義歯は、吸着が悪く、外れやすいので、義歯作製においては難易度の高いものとなります。しゃべっても食事をしても外れない安定した義歯は、吸着がよく、噛み合わせのよい義歯です。しっかりとして吸着を得るためには、適切な義歯外形が必要であり、覆うべきところを確実に覆う外形を必要とします。

義歯の安定に重要な吸着というのは、吸盤の原理で陰圧になって唾液を介して義歯と顎がくっつきます。そういった点から、例えば上顎で1本、2本など少数歯残存していて、そこにバネをかけている義歯は、その歯を軸として回転運動がおこりやすく、吸盤の原理が働きにくいので、外れやすくなる場合があります。その場合は、あえてその残っている歯全体を覆うようような形で維持を得るタイプの義歯(オーバーデンチャー)がいいのではないでしょうか?ただし、下顎の場合は考え方は異なります。

また、現在はよい市販の義歯裏装材も販売されており、義歯の吸着、維持安定を補助する効果も期待できますので、そういったものを利用するのも一つの手かもしれません。特に下顎の総義歯は、上顎の総義歯よりも確実な吸着を得るのは難しい場合が多いです。

ただし、条件の良くない場合でも、しっかりと時間をかけて作製すれば、外れにくく、しゃべったり食べたりすることは十分可能だ思われます。

何かお困りのことがありましたら、遠慮なくご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

上顎顎堤の浅い義歯(顎の骨が極度に減っている場合)は、吸着が悪く、外れやすいので、義歯作製においては難易度の高いものです。お話しててもお食事をしても外れない安定した義歯は、吸着がよく、噛み合わせのいい義歯です。しっかりとした吸着を得るためには、適切な義歯外形が必要であり、覆うべきところを確実に覆う外形が必要になります。

吸着というのは、吸盤の原理で陰圧になって唾液を介して義歯を顎がくっつく状態のことをいいます。例えば一本歯が残っている場合に、その歯に対してバネをかけるような義歯の設計は、歯を軸に回転運動を起こしやすく、吸盤の原理も働きにくいため、外れやすくなる場合があります。そのため、上顎の義歯の場合はその残っている歯に対しても全体を覆う設計の方が安定します。

ただし、下顎の場合はその限りではなく、全体を覆う形にしても吸盤の原理が働きにくいため、残っている歯に維持を求めたほうが安定する傾向にあります。

また、現在はよい義歯裏装材もあり、義歯の吸着、維持安定を補助する効果も期待でき、使用の検討も考慮されてもいいかと思います。

義歯の安定で苦労されている患者さんがいらっしゃいましたら、いろいろな方法がありますで、いつでもご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

一般に、合わない入れ歯を使用続けると安定が悪かったり、噛み合わせがよくなかったりすることが多いため、部分的に歯茎に当たりの強いところや擦れるところができてしまい、痛くてよく噛めないばかりでなく、場合によっては歯茎がやせてしまうこともおきてしまいます。

また、合わない入れ歯を支えている歯へも過度な力がかかったり、歯を揺らすような力が加わったりして、当初しっかりしていた歯が、次第に揺れるようになる可能性もあります。したがって、少々の不具合だからといって我慢することはしないで、痛くなく、しっかりと噛めることのできる入れ歯に調整しますので、是非受診してください。

具合の良い入れ歯も、長年使用しているうちに、壊れたり不具合になったりすることがあります。その場合、新しく入れ歯を作ることをお勧めしますが、今使用している入れ歯を修理や裏装(内面を新しく合わせる方法)をすることも有効な方法です。

入れ歯の手入れは、入れ歯用ブラシで表面を丁寧に洗い流して汚れやぬめりを取り、入れ歯用洗浄液で除菌しておいてにおいを無くします。保管するときは乾燥させないようにしてください。乾燥すると、変形や変色、ひび割れてしまうことがあります。入れ歯を外す際には、清潔な水や洗浄液につけておきましょう。

就寝時には、一般的には外すようにお伝えすることが多いのですが、状態によっては、装着して就寝されたほうが好ましい場合もありますので、わからない場合は遠慮なくご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

現在、インプラントの材料は骨と生理学的、また化学的に癒着する材料で、インプラントを骨に埋める手術をした後、約3か月くらいで接着が完了します。インプラントによる治療は誰でも受けられますが、顎の骨の高さ、幅、大きさ、または骨の質によって簡単にできる人とできない人があります。また骨の状態が適さなくても骨を移植したりすれば、時間と費用はかかりますが、手術を受けられる場合もあります。

歯周病で歯が抜けたり、今後抜くことになる場合、骨の条件が悪い場合があったり、また自分の歯と同じように歯周病で抜けてしまうことはあります。

年齢が高くなるにつれて、細菌に対する感染防御の力が弱くなり、唾液の量、血流も少なくなり、20代の患者さんと60代の患者さんが同じようなインプラントをした場合、寿命と同様にインプラントの寿命も変わってくると思われます。ただ、高齢になってもブラッシングや口腔管理がうまくできていれば長持ちし、不十分ならばインプラントも早くダメになってしまいます。また義歯と歯にマグネットを付ける方法もあり、義歯を使って、歯の機能を回復させるのなら、場合によっては、より安く治療期間も短縮できると思われます。ただしその際は、残っている歯の骨植がいいことが条件となります。またインプラントを植立し、インプラントにマグネットを付ける方法もあります。その場合もインプラントで全部治療するより安価となります。

何か気になることがあれば、いつでもご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

歯に虫歯があるとすぐに症状が出るイメージがありますが、実は相当進行しないと患者さんが感じるような症状は出てきません。

虫歯が進行していくと、だんだんとしみる症状が出てきたり、噛むと痛くなってきたり、最終的にはズキズキとした症状が出てきます。

虫歯によって、何もしなくても痛くなってしまった場合、抜髄といって歯の神経をとる処置が必要になってきます。麻酔をして、虫歯を取っていき、歯の中心部にある神経をとる処置になるのですが、目に見えない場所の治療になりますし、また神経のお部屋は複雑な形をしているので、きれいにするためには回数がとにかくかかってしまいます。ただし、すべてがきれいにならなくても、最初の方の段階で術前にあった痛みはなくなりますので、消毒の途中でも、患者さんの中には勘違いをされてもう痛くないから治療しなくてもいいやと判断されてしまう方も時々いらっしゃいます。

実はこの状態がもっとも歯にとっては危険で、ここで治療を中断されますと、虫歯がさらに進行してしまい、今度は最悪歯を抜歯しないといけないということになることもあります。

ですので不幸にも歯の神経を取ることになった場合は、きちんと治療が終了するところまで受診されることをお勧めいたします。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

日々診療し、お話を聞いていますと、患者さんが歯医者さんを受診する一番の理由が「歯に痛みがある」が圧倒的に多いです。

やはり痛みが出ないと、なかなか通いたくないですよね…。私自身も病院はなるべくなら避けたい場所ですし…。

ただ、痛みが出ている状態ですと、お口の中の状態としては結構なところまで進行していることが多々あります。

実際、虫歯での場合で痛みがあると、かなりの確率で歯の神経まで炎症が進んでいますし、そんなときは、痛みを早くとるために麻酔をするのですが、肝心な麻酔が効いてくれません…。

患者さんは歯が痛くて、しかもその痛みから早く解放されたくて歯医者さんに来ているのに、麻酔が効かずもっと痛い目にあうことになってしまうのです。

つまり何が言いたいかと言いますと、定期的なメンテナンスはされた方が、結果としては患者さん自身のためになりますよということです。

メンテナンスに来院して頂ければ、お口の中を細かくチェックすることが可能ですし、問題がなければ、クリーニングをしてさっぱりしてお帰り頂くことができますし…。

私も、なるべくなら、来院される患者さんには、来るときも笑顔でそして帰る時も笑顔で、というのが理想的だなと思いますし、そうなってほしいなとも思っています。

皆さんも、お口の中のチェックとさっぱりしにぜひ友デンタルクリニックにいらしてください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

インプラント治療に影響を及ぼす全身疾患は、リウマチ性疾患(シェーグレン症候群、リウマチ性関節炎等)の他、骨代謝性疾患(骨粗しょう症)、ホルモン異常(糖尿病など)などがあり、十分注意しないといけません。ただし、内科にすでに通院されて病状も安定し、しっかりとコントロールされている場合、インプラント治療は可能であると考えています。

なので、インプラント治療を希望の患者さんは、まずはご自身の体の状態を把握することと、もし仮に全身疾患があるのであれば、しっかり治療を受けること、もうひとつ歯科とお医者さんとで情報のやり取りすることが重要であると思います。

インプラント治療の成否は、得られた骨-インプラントの結合の継続維持に懸かりますが、十分な骨量と骨質が確保され、通常以上の口腔ケアが必要になります。インプラントの再治療は不可能ではありませんが、全身疾患とお口の中の管理が十分され安定した状態でなければなりません。

全身疾患の悪化によってはお口の中に影響をきたす場合もあり、もし仮に再治療が必要になった場合、植立したい場所の骨の回復まで期間を要することや、骨を増やす手術が必要となるかもしれません。もしかしたら再治療で満足のいく結果が得られない場合もあるかもしれません。

もし気になる症状がある方は、いつでもご相談ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 13