お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

こんにちは。三島市・友デンタルクリニックの浅井です。
5月5日は「こどもの日」でしたが、
「端午の節句」でもありましたね。

 

鯉のぼりや五月人形を飾って、
お子さんの成長をお祝いした
ご家庭もあるのではないでしょうか?

 

日々の生活の中で、
お子さんの成長を感じる場面は
たくさんあると思いますが、
歯の生え変わりもその一つでしょう。

 

 

乳歯は生え変わりますが、
永久歯は生え変わりません。

 

子どもの頃から歯みがき習慣を身につけ、
むし歯を予防し、一生自分の歯で
お食事を楽しんでいただきたいと思います。

 

 

 

さて、みなさんは「むし歯はうつる」
ということをご存知でしょうか?

 

 

正確にいうと、
むし歯がうつるのではなく、
「むし歯菌」がうつります。

 

 

むし歯菌は生まれたばかりの
赤ちゃんのお口の中には存在しません。

 

しかし、お父さんやお母さんの口から
「だ液」を介して
うつります。

 

 

 

 

◆「どんなとき」にうつる?

 

むし歯菌はだ液に含まれるため、

・スプーンやコップなど食器の共有
・食べ物の口移し
・キス
・熱い食べものをフーフー冷ます

によって感染します。

 

 

 

 

 

特に感染しやすい時期は、
生後19ヶ月~31ヶ月の間。
『感染の窓』と呼ばれる時期になります。

 

 

 

 

◆妊娠中に増えるむし歯菌

 

お父さんお母さんの
お口の中にむし歯菌が多いと、
お子さんへの感染リスクも上がります。

 

大切な赤ちゃんの歯を感染から守るためにも、
親御さんのお口のケアは大切です。

 

 

特に、お母さんの場合は
妊娠中のつわりで食生活が乱れやすく、
口内環境が乱れがちに。

 

むし歯や歯周病になりやすいので、
いつも以上に入念なケアを心がけてください。

 

 

ブラッシングができない時でも、
軽く口をゆすいでおくのがお勧め。

 

お茶やお水を飲んでおくだけでも
むし歯予防になります。

 

 

そして、安定期に入ったら
歯のクリーニングを行い、
むし歯があれば
ぜひ治療を受けましょう。

 

 

 

 

◆むし歯になりやすいところ

 

乳歯がむし歯になりやすい主な場所は、

・奥歯や、上の前歯の「歯と歯の間」
・歯と歯ぐきの境目
・奥歯の溝

 

 

 

 

 

最初に生えてくる永久歯、
通称「6歳臼歯」も
歯ブラシの毛先が届きにくく、
むし歯になりやすい場所です。

重点的にケアしましょう。

 

 

 

 

◆乳歯のむし歯も放置はNG

 

一見、
「乳歯は生え変わるし、
むし歯になっても問題ないのでは?」

 

と考えてしまうかもしれませんが、
それは大きな間違いです。

 

乳歯にむし歯があると、むし歯菌の数が増えて、
すぐ下に控えている永久歯にも悪い影響を与えます。

 

特に、3歳を過ぎるとむし歯が急激に増加するので、
3歳までの予防も欠かせません。

 

 

感染に気をつけるのはもちろん、
ダラダラと食べないなど、
「むし歯になりにくい習慣」をつくりましょう。

 

 

 

 

 

歯科医院では治療だけでなく、
ブラッシング指導なども行っています。
大切なお子さんがむし歯になる前に、
ぜひ親子で歯のメインテナンスにいらしてください。

 

 

 

友デンタルクリニック
〒411-0039 静岡県三島市寿町5-7 M・F・N Eternity 1F
TEL:055-955-9022
URL:https://www.tomo-dc.jp/
Googleマップ:https://g.page/tomo-mishima?gm

こんにちは、三島市・友デンタルクリニックの浅井です。

春深く、木々の緑に心躍るこのごろ、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

新型コロナウイルスのワクチン接種が始まっていますが、

まだまだ予断を許さない状況は続いています。

 

当院でもコロナウイルスの対策として

体温測定や消毒などを徹底しておりますが、

院内で使用するスリッパも消毒済みのものをご用意しております。

 

 

消毒したスリッパを個別包装しており、

患者さま自身で破って使用していただいております。

 

ご使用の際、お手間をお掛けいたしますが、

感染予防のためご協力をお願いいたします。

 

友デンタルクリニック
〒411-0039 静岡県三島市寿町5-7 M・F・N Eternity 1F
TEL:055-955-9022
URL:https://www.tomo-dc.jp/
Googleマップ:https://g.page/tomo-mishima?gm

こんにちは。院長の浅井です。
4月7日は「世界保健デー」、
世界保健機関(WHO)が誕生した日です。
WHOは世界の人々の健康を守るため、
毎年この日にテーマを決めて啓発活動を行っています。

 

お口の健康は全身の健康にも影響を与えますので、
歯は大切にしてくださいね!

 

 

さて、お口の健康維持に欠かせない定期検診ですが、
患者さまを診ていると、中には
「むし歯じゃないのに歯がしみる…」
という方がいらっしゃいます。

 

むし歯や神経の炎症がないのに歯が痛いときは、
『知覚過敏』かもしれません。

 

 

 

 

 

◆知覚過敏とは!?

 

冷たいものや甘いものを口にした時、
そして歯を磨いている時などに
ピリッとした鋭い痛みが起こる症状を
『知覚過敏』といいます。

 

知覚過敏をもっとも多く患っているのは
20歳〜50歳で、
日本人の4人に1人が経験している
と言われています。

 

知覚過敏は一過性の痛みで
刺激がなくなればおさまるため、
放置している方も多いのではないでしょうか?

 

 

とはいえ!

 

知覚過敏は放置しておいても治るとは限らないので、
注意したい症状です。

 

 

 

 

◆知覚過敏はなぜ起こる?

 

知覚過敏は
「象牙質(ぞうげしつ)の露出」によって起こります。
歯の中心には神経があり、
やわらかい象牙質と硬いエナメル質に覆われています。

 

 

通常であれば、
歯の一番外側をエナメル質が覆っていて
痛みを感じることはありません。

 

ですが、象牙質が露出すると神経に刺激が伝わり、
痛みを感じやすくなります。

 

 

 

 

象牙質が露出する原因は、
・打撲で歯が欠けた
・歯ぎしりや食いしばりで歯がすり減った
・酸の強い食べものや飲みもので歯が溶けた

 

などが考えられます。

 

 

 

硬い食べものばかり食べている人も、
歯に強い負担をかけることがあるので
注意しましょう。

 

 

 

 

◆歯ぐき下がりも知覚過敏の原因に!

 

歯の根っこも知覚過敏が起こりやすい部分です。
歯ぐきが下がると歯の根が露出して、
象牙質がむき出しの状態に…。

 

 

 

 

歯ぐきが下がるのは、
・加齢
・歯周病
・過度なブラッシング

 

などが主な原因。

 

 

 

 

 

◆知覚過敏は放置しないで!

 

知覚過敏を放置していると、どうなるのでしょうか?

 

まず、歯ブラシが触れると痛みを感じるため、
歯みがきもおろそかになりがちです。
すると、プラークという細菌のかたまりが歯に付着し
むし歯になってしまうことも。

 

また、歯周病が原因の場合は、放置していると
いずれ歯が抜けてしまう原因にもなります。

 

そもそも歯がしみると、
おいしい食事も楽しめませんので
早めの受診をおすすめします。

 

 

 

◆歯みがきと治療で歯の健康を守ろう!

 

「知覚過敏かも!?」と思ったら、
歯みがきの仕方を見直してみるのも一つの方法です。

 

知覚過敏で歯がしみる時は、

①余分な力をかけない「ペングリップ」で歯ブラシを持つ
②毛先のやわらかい歯ブラシで力を入れず小刻みにみがく
③常温もしくはぬるま湯で口をゆすぐ
④歯みがき粉は知覚過敏に有効な「硝酸カリウム」入り

 

などのポイントに気をつけて歯を磨くのがおすすめ。

 

 

 

ご自身でできることもありますが、
痛みが続くときは我慢せず、
お早めにご相談ください!

 

友デンタルクリニック
〒411-0039 静岡県三島市寿町5-7 M・F・N Eternity 1F
TEL:055-955-9022
URL:https://www.tomo-dc.jp/
Googleマップ:https://g.page/tomo-mishima?gm

こんにちは。三島市・友デンタルクリニックの浅井です。

当然、当医院は歯科ですので
歯の治療をするためにご来院される患者さんが
多くいらっしゃいます。

ところで、みなさんは自身のお口の中、
気になりませんか?

当医院では必ず
位相差顕微鏡で患者さんのお口の中の細菌の活動性を
チェックしております。

 

 

 

 

これにより、
歯周病の原因菌の活動具合などがわかるため
口腔状況に応じて適切な治療方法を
判断しやすくなります。

引き続き顕微鏡による
口腔内チェックについては
ご協力をお願いいたします。

 

 

友デンタルクリニック
〒411-0039 静岡県三島市寿町5-7 M・F・N Eternity 1F
TEL:055-955-9022
URL:https://www.tomo-dc.jp/
Googleマップ:https://g.page/tomo-mishima?gm

こんにちは。三島市にございます友デンタルクリニック・院長の浅井です。

 

3月となり、今年も卒業シーズンがやってきました。

 

コロナ禍で今までとは違った学校生活に戸惑いながら過ごした学生さんも多かったのではないでしょうか。

困難な時期を乗りこえ、新たな門出を迎えられることを祝福し、未来が明るいものになるよう、心から応援しております!

 

さて、コロナの問題が発生し、外出時にはマスクの欠かせない生活が始まって早くも1年が経過しました。

 

毎日のマスク生活の中で口元に意識がいくと

 

「自分の口臭が気になる」

「なんだか口の中がネバネバする」

 

と感じたことはありませんか?

 

それは、もしかしたらマスク生活による「だ液の減少」が原因かもしれません。

 

今回は、「マスク生活とお口の環境」についてお話しします。

 

◆だ液の役割

 

だ液は通常、健康な成人で一日に1.0~1.5リットル分泌され、お口の中で

・粘膜の保護

・自浄、殺菌作用

・歯を再生させる(再石灰化)など、多くのお仕事をしてくれています。

 

たくさんの「だ液」でお口の中が潤っていることは、食べ物の消化を助けるだけでなく、むし歯や歯周病のリスクから身を守ることになります。

 

一見、マスクをしていると加湿され、お口が潤うように思われるかもしれませんが、だ液の分泌量はいろいろな要因によって減少します。

 

だ液減少の原因

・口呼吸

・ストレス

・脱水

・話さない(口まわりを動かさない)

など

たくさん空気を取り込めるよう口呼吸になりがち。マスクをしていると息苦しくなり、

 

この口呼吸は、お口の中を乾燥させだ液の分泌を減らしてしまう原因となります。

 

さらに

 

・マスク着用や自粛生活を含む様々なストレス

・マスクの付け外しが面倒で水分摂取が減ること

・在宅時間の増加などで人と話す機会が減ること

 

これらすべてが、だ液を減らす原因となっている可能性があります。

 

だ液の減少とともに

自浄・殺菌作用が低下してしまい、口臭が気になったり、お口の中がネバネバしたり…といった不快感が出てくるだけでなくむし歯や歯周病にかかりやすくなってしまうのです。

 

◆大切なことは、歯科での定期的な検診とセルフケア

お口の中を健やかに保つために大切なのが、

定期的な歯科検診。

そして、歯ブラシなどによる丁寧な口腔ケアや、こまめな水分補給など、毎日のセルフケアです。

 

むし歯、歯周病の治療やクリーニングはもちろんのこと、日々の正しいお手入れの仕方や、マスク生活でのお口の悩みについても、当院までお気兼ねなくご相談ください!

 

 

 

 

 

 

こんにちは。三島市・友デンタルクリニックの伊東です。

みなさんは舌小帯というのを聞いたことがありますか?下の裏にあるスジのことを舌小帯と言います。

今日は、この舌小帯について少しお話させてください。

生まれたばかりの時は、元々舌小帯はやや先の方についていて、寝ている時に舌が喉の方へ落ち込まないようにする働きを担っていると言われています。口や舌自体の成長に伴い、その付着部位は後退していきます。この舌小帯が極端に短かったり、舌の先端に付着していて舌の動きを妨げる場合があります。機能的に問題が生じてしまうのです。赤ちゃんに関して言いますと、その付着異常が著しいと、舌を使っての哺乳がうまくできないことがあり、その場合は生まれてすぐにスジの部分を切って舌を動きやすくする手術をすることがありますが、それはごく少数例です。時々検診時などに舌小帯の短さを指摘される方もいらっしゃるようですが、赤ちゃんに関して言えば、哺乳障害が見られなければ、経過観察でよろしいかと思います。

次に、その後離乳食にすすまれた際には、上手に食べ物の押し潰しや、送り込みができているかどうかを見ていただき、上手にできないようでしたら、対応が必要になるかもしれません。

ただ、多くの場合はそこまで舌の運動が制限はないが、舌を前に出すと中央部分がつれていたり、口を開いた状態で舌の先を上の顎に付けられないというものでしょう。この場合、発音に障害が出やすく、舌を使う発音が苦手だったり、幼児語が抜け難かったりということがあります。

乳児期の舌小帯の手術のほとんどは耳鼻科で行われ、歯科では幼児期になってからの相談がほとんどです。食べ方や発音に明らかな影響がみられる重度の場合のみ、手術をすることになります。もし、重度としても、それが発音だけの場合でしたら、発音が完成する4〜5歳まで経過を観察していただき、その後の様子で手術を考えてもよいでしょう。お話がわかるようになっていれば、局所麻酔での処置が可能です。(3歳以下では全身麻酔で処置を行うことがほとんどかと思います。)また最近では場合によってはレーザーを使用しての処置を行うことができます。

また、多少舌小帯が短くても舌の動きでカバーされることで機能的に問題が見られないこともあります。発音などが気にならなければ、必ずしも手術が必要とも限りません。ただ、大きくなって、英語を覚える頃になってはじめて発音のしにくさに気づく、などといった場合もあるようですので、長期的に経過をみていく必要もあると言えるでしょう。お子様の年齢や、発音を含めた機能的な問題などをしっかりと見極めた上で、そのお子様にとって最善の方法をセレクトしていく必要があると思います。

何か気になることがある方はいつでもご相談下さいね。

こんにちは。三島市・友デンタルクリニックの伊東です。

今回は哺乳びんの使用とそれに伴う虫歯や歯並びの変化のリスクについてお話したいと思います。

母乳やミルクしか飲めない赤ちゃんの時期は当然ながら哺乳びんを使われることが多いのですが、離乳食が始まり、徐々にマグやコップを使って飲み物を飲むようになっても、例えばフォローアップミルクだけは哺乳びんでないと飲まないなどと、こだわりが出てきた赤ちゃんの成長も相まって、なかなか哺乳びんの使用を完全に卒業できないお子様もいらっしゃると思います。

これには、精神的な要因も関係しており、哺乳びんをしゃぶるという行為は、気分を鎮め安定させる効果があるため、例えコップが使用できるようになっても、安心感を得るために哺乳びんやおしゃぶりを求めるお子様は多数いらっしゃいます。

これによる虫歯や歯並びへの影響を懸念されるお母様が沢山いらっしゃいます。結論から申しますと、これは少なからず影響すると言えます。まず、虫歯に関してですが、特に寝ながらの使用は虫歯に関連する可能性があります。ただし、現状をよく見ていただき、もし仮に例えば3歳近くまで寝る前のミルクが続いていて、現在虫歯になっていない、などという場合は、現在のお子様の口腔内の環境から言ってリスクはそれほど高くはないということも考えられます。対して、現状があまりよろしくないようであれば、哺乳びんの使用に関しては考える必要があるかもしれません。

一方、歯並びに関しては、今後問題が生じることが危惧されます。指しゃぶりやおしゃぶりと同様に、乳歯の奥歯が生え揃ったあとも哺乳びんなどを長時間使用していると、前歯が噛み合わなくなる場合があります。これを開咬と呼びます。3歳ぐらいには奥歯が生え揃う子が多いかと思いますので、3歳という時期は使用を控えることを決断するひとつの目安かと思います。

また、もともとしゃぶり癖というのは、就寝時に見られやすく、最後まで残るのも就寝時のことが多いため、やめさせるのは難しいものです。子どもにやさしく説明、説得して、やめようという気持ちを育てることや、昼間しっかり遊ばせて入眠をスムーズにすること、就寝時の環境を整えることなどを試してみるのも良いと言われています。からだのマッサージをしてあげるとすぐに入眠する子などもいるそうです。

とは言え、私の子どもも本当に入眠が苦手で、苦労させられました。ありとあらゆる手を試しましたが、それでもなかなか眠ってくれなかった経験があります。

お子さまにも個性があるので、どの方法が効果的かなどとは当然断言は出来ませんが、なかなかやめてくれずに困っているお母様は、ひとつ3歳を目処に、あまり急がず、ゆっくりと子供の成長を見極めながら対応していくのも良いのかもしれません。ただし、お口の中の状況が現状であまり良くない場合はこれに当てはまりませんので、是非お子様のお口の中をよくご覧になって、何かおかしいな?と少しでも思うことがあれば、どんなに些細なことでも構いませんので、是非一度ご相談にいらして下さい。

 

こんにちは。三島市・友デンタルクリニック伊東です。

前回に続き、知覚過敏について書いていきます。今回は治療法についてですが、詳しくお話するととても長くなってしまうので、ここでは箇条書きにしていくつか簡単に挙げていきたいと思います。

治療法は、具体的に以下のものなどが挙げられます。

①再石灰化を促す

これは比較的軽度なものに言えると思います。軽度な知覚過敏であれば、唾液の作用による再石灰化により象牙細管の表面が封鎖され、それにより特に処置をすることなく、気がついたら症状が消失している、などということがあります。再石灰化を促進するためには、歯垢をブラッシングなどできれいに落とすこと、唾液が充分に歯の表面に接触するようにしておくこと、またフッ素や薬用ハイドロキシアパタイトを配合した歯みがき剤を使用することなどが効果的と言われています。

②神経の興奮を抑制する

硝酸カリウムという成分がこのような働きをすると言われており、歯磨き粉に含まれているものもあります。これを継続的に使用することで神経の興奮を抑え、知覚過敏に効果があると言われています。

③象牙細管を封鎖する

これは①に似ていますが、実際に象牙細管を封鎖することのできる物質を用いて直接的に塞いでいく方法です。歯磨き粉にもこのような効果があるものもありますが、歯科医院で専用のお薬を塗布することができます。後者の方がより効果的と言われています。

④露出部位を被覆する

これも③に近いものですが、お薬ではなく、接着剤やプラスチックのような材料を用いて樹脂による被覆を行います。実際に歯質に欠損がある場合などは、同時にその欠損部位を埋めることも出来ますので、こちらの方法を取ることも多いかと思います。

⑤神経を取る

これは最終手段と言えるかもしれません。知覚過敏はほとんどが一過性の痛みですが、痛みが長く続いたり、その程度が非常にひどい場合などは神経の炎症が疑われます。また、どの方法を試しても効果が見られず、その痛みにより日常生活に支障が出る場合にこの方法を最終手段として提案することがあります。

その他現在ではレーザーによる治療なども行われているところもあります。

知覚過敏に確実な予防法はないと言われています。強いて言うなら、象牙質の露出を防ぐこと、つまり、虫歯や歯周病、あるいは酸蝕症の予防や、間違ったブラッシングを行わないことなどが挙げられるかと思います。

当院でも知覚過敏に対する治療として薬剤の塗布やプラスチックを用いた被覆などを行なっております。お悩みの方は一度是非ご相談ください。

 

こんにちは。三島市・友デンタルクリニックの伊東です。

今日は知覚過敏症についてお話します。

知覚過敏は20代〜50代の方に非常に多くみられる症状で、誰でもなり得る歯のトラブルです。

これは、歯の内側にある象牙質と呼ばれる柔らかい層が露出することで起こります。歯の表面はエナメル質という非常に硬い層で覆われているのですが、その下にあるのが、この象牙質と呼ばれる柔らかい層です。この層はエナメル質の下に存在しているので、本来露出するべき部分ではありません。

象牙質表面には、歯の中心にある神経から外側に向かって象牙細管と呼ばれる管が無数に伸びています。この象牙細管の開口部がむき出しになることで、外部からの刺激がこの管を通じて神経まで伝わり、それによって瞬間的に痛みが発生します。これが、知覚過敏の症状が発生するメカニズムです。

では、何故本来露出すべきではない象牙質がむき出しになってしまうのでしょう。それには大きく2つの原因が挙げられます。

1つは先程述べました象牙質の上に存在しているエナメル質の摩耗です。エナメル質が何らかの要因により削れ、すり減ってしまうことで象牙質が露出します。

エナメル質はとても硬い層ですが、歯ぎしりや間違った強すぎるブラッシング、また酸蝕症などによって摩耗したり溶け出したりしてしまいます。そうするとエナメル質の内側に存在している象牙質の層がむき出しになってしまうのです。

もう1つの原因としてあげられるのが、歯茎の後退です。歯の頭の部分の表面はエナメル質で覆われていますが、歯の根っこの部分というのは、頭の部分とは少し構造が異なり、エナメル質が存在しません。歯茎が後退することで、本来は歯茎の下に存在し、守られていたはずの象牙質が露出してしまいます。これには、加齢によるものや、ブラッシング時の力が強すぎることによって歯茎が削られてしまう場合、また歯周病によるものなどが挙げられます。

象牙質が露出してしまう原因としてはこの2つが大きなものとして挙げられます。

次に治療法についてお話したいと思いますが、長くなりましたので、次回に続きます。

 

こんにちは。三島市・友デンタルクリニック勤務医の伊東です。

皆さんは歯の定期検診には通われていますか?

先日とても面白い記事を読みましたのでご紹介させて下さい。

以下引用です。

—————————

時価総額約9兆円、最近は中国の大手IT企業アリババに投資した20億円が含み益8兆円を超えるとも言われるソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏。彼が健康面で人一倍気を使っているのは、歯。世界中を飛び回り、VIPとの商談が続く多忙な中でも、定期的に3カ月に1度の歯科検診は長年続けているという。

孫氏がそこまで歯のチェックにこだわっているのは「米国などでは歯並びと白い歯がその人の健康のバロメーターという考え方があるからです。彼はサプリメントでバランスよくビタミンを摂取していたし、好んで飲んでいたのもフランス製のミネラルウォーター・ペリエでした。」(ウェブメディア「マネー現代」より引用)

ちなみに、酒を一滴も飲めず、食にはこだわらないことで有名な孫氏だが、定期的な運動など、自己のメンテナンスには多大な注意を払っていたようである。

健康法というと、病気にならないための運動や食事がすぐに思い浮かぶが、予防医療で重要なのは自己の健康状態をまず知ることである。定期健診に足を運ぶ社長は、自身の体調におかしなところがあれば、すぐに病院に行って診てもらうフットワークの軽さを持っている。対して、定期健診に行かない人は調子が悪くてもすぐには病院に行かないため、結果的に体が蝕まれてしまう危険性がある。

—————————

日本有数の大企業の会長であり、常人からしてみたら、きっと想像出来ない程に多忙を極めているであろう孫氏が、歯科検診に3ヶ月に一度通われているとは、非常に驚きました。しかし、歯も身体の一部である以上、自己管理の一環としてそれは当然のことなのかもしれません。また、欧米諸国では日本に比べ、歯に対する意識が高いと言われています。世界で活躍されている孫氏にとっては歯の健康に気を配ることはごくごく自然なことなのかもしれません。

先ほども言いましたように、日本人の歯への意識は欧米諸国に比べ非常に低いと言われていますが、それだけではなく検診自体への意識の低さも指摘されています。日本人の検診の受診率は他国に比べて非常に低いのです。

皆様、今一度検診の重要性をしっかりと考えてみてください。記事にもあるように、数ヶ月に一度専門家の元で定期的に健康をチェックする手間と、それをせずに身体が病に冒されてしまい、発見さえも遅れてしまうことの恐ろしさ。結果としてどちらが自身の為になるでしょう。答えは明白かと思います。

確かに定期的に医療機関に通い検診を受けることは面倒なことかもしれません。手間が全くかからないとは言いません。しかし、その小さな手間があなたの健康を守るということを決して忘れないで下さい。

当院では、定期検診にも力を入れております。担当の衛生士の元、患者様一人一人に合わせた処置をさせていただいております。お悩みがある方もそうでない方も是非一度ご来院下さい。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 16