お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

舌小帯について

こんにちは。三島市・友デンタルクリニックの伊東です。

みなさんは舌小帯というのを聞いたことがありますか?下の裏にあるスジのことを舌小帯と言います。

今日は、この舌小帯について少しお話させてください。

生まれたばかりの時は、元々舌小帯はやや先の方についていて、寝ている時に舌が喉の方へ落ち込まないようにする働きを担っていると言われています。口や舌自体の成長に伴い、その付着部位は後退していきます。この舌小帯が極端に短かったり、舌の先端に付着していて舌の動きを妨げる場合があります。機能的に問題が生じてしまうのです。赤ちゃんに関して言いますと、その付着異常が著しいと、舌を使っての哺乳がうまくできないことがあり、その場合は生まれてすぐにスジの部分を切って舌を動きやすくする手術をすることがありますが、それはごく少数例です。時々検診時などに舌小帯の短さを指摘される方もいらっしゃるようですが、赤ちゃんに関して言えば、哺乳障害が見られなければ、経過観察でよろしいかと思います。

次に、その後離乳食にすすまれた際には、上手に食べ物の押し潰しや、送り込みができているかどうかを見ていただき、上手にできないようでしたら、対応が必要になるかもしれません。

ただ、多くの場合はそこまで舌の運動が制限はないが、舌を前に出すと中央部分がつれていたり、口を開いた状態で舌の先を上の顎に付けられないというものでしょう。この場合、発音に障害が出やすく、舌を使う発音が苦手だったり、幼児語が抜け難かったりということがあります。

乳児期の舌小帯の手術のほとんどは耳鼻科で行われ、歯科では幼児期になってからの相談がほとんどです。食べ方や発音に明らかな影響がみられる重度の場合のみ、手術をすることになります。もし、重度としても、それが発音だけの場合でしたら、発音が完成する4〜5歳まで経過を観察していただき、その後の様子で手術を考えてもよいでしょう。お話がわかるようになっていれば、局所麻酔での処置が可能です。(3歳以下では全身麻酔で処置を行うことがほとんどかと思います。)また最近では場合によってはレーザーを使用しての処置を行うことができます。

また、多少舌小帯が短くても舌の動きでカバーされることで機能的に問題が見られないこともあります。発音などが気にならなければ、必ずしも手術が必要とも限りません。ただ、大きくなって、英語を覚える頃になってはじめて発音のしにくさに気づく、などといった場合もあるようですので、長期的に経過をみていく必要もあると言えるでしょう。お子様の年齢や、発音を含めた機能的な問題などをしっかりと見極めた上で、そのお子様にとって最善の方法をセレクトしていく必要があると思います。

何か気になることがある方はいつでもご相談下さいね。