お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

定期健診の重要性について

こんにちは。三島市・友デンタルクリニック勤務医の伊東です。

皆さんは歯の定期検診には通われていますか?

先日とても面白い記事を読みましたのでご紹介させて下さい。

以下引用です。

—————————

時価総額約9兆円、最近は中国の大手IT企業アリババに投資した20億円が含み益8兆円を超えるとも言われるソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏。彼が健康面で人一倍気を使っているのは、歯。世界中を飛び回り、VIPとの商談が続く多忙な中でも、定期的に3カ月に1度の歯科検診は長年続けているという。

孫氏がそこまで歯のチェックにこだわっているのは「米国などでは歯並びと白い歯がその人の健康のバロメーターという考え方があるからです。彼はサプリメントでバランスよくビタミンを摂取していたし、好んで飲んでいたのもフランス製のミネラルウォーター・ペリエでした。」(ウェブメディア「マネー現代」より引用)

ちなみに、酒を一滴も飲めず、食にはこだわらないことで有名な孫氏だが、定期的な運動など、自己のメンテナンスには多大な注意を払っていたようである。

健康法というと、病気にならないための運動や食事がすぐに思い浮かぶが、予防医療で重要なのは自己の健康状態をまず知ることである。定期健診に足を運ぶ社長は、自身の体調におかしなところがあれば、すぐに病院に行って診てもらうフットワークの軽さを持っている。対して、定期健診に行かない人は調子が悪くてもすぐには病院に行かないため、結果的に体が蝕まれてしまう危険性がある。

—————————

日本有数の大企業の会長であり、常人からしてみたら、きっと想像出来ない程に多忙を極めているであろう孫氏が、歯科検診に3ヶ月に一度通われているとは、非常に驚きました。しかし、歯も身体の一部である以上、自己管理の一環としてそれは当然のことなのかもしれません。また、欧米諸国では日本に比べ、歯に対する意識が高いと言われています。世界で活躍されている孫氏にとっては歯の健康に気を配ることはごくごく自然なことなのかもしれません。

先ほども言いましたように、日本人の歯への意識は欧米諸国に比べ非常に低いと言われていますが、それだけではなく検診自体への意識の低さも指摘されています。日本人の検診の受診率は他国に比べて非常に低いのです。

皆様、今一度検診の重要性をしっかりと考えてみてください。記事にもあるように、数ヶ月に一度専門家の元で定期的に健康をチェックする手間と、それをせずに身体が病に冒されてしまい、発見さえも遅れてしまうことの恐ろしさ。結果としてどちらが自身の為になるでしょう。答えは明白かと思います。

確かに定期的に医療機関に通い検診を受けることは面倒なことかもしれません。手間が全くかからないとは言いません。しかし、その小さな手間があなたの健康を守るということを決して忘れないで下さい。

当院では、定期検診にも力を入れております。担当の衛生士の元、患者様一人一人に合わせた処置をさせていただいております。お悩みがある方もそうでない方も是非一度ご来院下さい。