お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

反対咬合について

こんにちは。三島市・友デンタルクリニック伊東です。今回は子供の反対咬合についてお話します。
少し長くなりますので、2回にわけて書いていきたいと思います。
市町村の健診で、お子様の噛み合わせについて指摘された方はいらっしゃるでしょうか。
それ以外にも、お子様の歯並びを見ていて、どこかおかしい気がする、噛み合わせが反対になっているように思う、などと不安を抱えてらっしゃる方もいるかと思います。
反対咬合について言えば、まずはすべての乳歯が生え揃い、噛み合わせが安定するまで、つまり3歳頃まで様子を見るのが良いかと思われます。いちばん奥の乳臼歯が噛み合ったあとも反対咬合のままなら、一度小児歯科か矯正歯科を専門としている歯科医院で相談してみて下さい。
1〜2歳ではまだ乳歯が生え揃わないため、乳歯の噛み合わせの診断は不確かです。1歳ごろの前歯だけのころですと、上下の前歯は比較的自由に噛み合い、1歳半ころに最初の乳臼歯が生えてきても、まだ噛み方は不安定です。2歳を過ぎていちばん奥の乳臼歯が生えてきて上下が噛み合うと、乳歯での噛み合わせがほぼ決まります。 ですから、1歳半健診での噛み合わせの診断は確定的なものではなく、経過を見ながら3歳児健診までつなげていくためのものです。噛み合わせが不安定なうちは、下あごを突き出したり、上下の前歯で歯ぎしりをしたりという行動も見られやすいものなので特に心配いらないことがほとんどです。
次回に続きます。