お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

歯周病について

三島市にあります友デンタルクリニック・浅井です。

当医院では歯周病治療に力を入れており、日々患者さんにご説明させていただき治療に取り組んでおります。

歯周病は、30歳以上の方の実に8割に認められる慢性疾患の一つと考えられます。

虫歯の場合は進行するとだんだんと自分で感じる症状が大きくなり、果ては何もしなくてもズキズキするようになり、歯医者さんが苦手な方でもさすがに「歯医者さんにかからないとな」と思うようになるのですが、歯周病の場合は進行しても自覚するような症状が出ることが少なく、逆に自覚するような場合は抜歯をしないといけないような状況なっていることも少なくありません。

歯周病が実際にどのようなものかと申しますと、プラークという、歯にくっつく細菌のかたまりにより引き起こされます。このプラークにより歯ぐきに炎症が起こると、歯ぐきの腫れや歯を支えている骨の吸収により、歯と歯ぐきの境目にある溝が深くなっていきます。これをCMとかで1度は耳にしたことがあるかもしれませんが「歯周ポケット」と言われているものです。

1度失った骨は通常再生しないので、歯周病治療の目標は、今ある骨の状態をキープしていくことになります。ただし、進行度・骨の吸収度合いによっては、骨の再生材料を使用することにより骨再生させることもできるようになってきています。

歯磨きをすると出血する、歯が揺れる感じがする、口臭が気になる、疲れると歯ぐきがおおぼったい感じがする、歯茎が腫れているような感じがするなどの症状がある場合は、いつでもご相談ください。