お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

歯周病治療の注意点

三島市にあります友デンタルクリニック・浅井です。

歯周病は30歳以上の方の約80%に認められる、慢性疾患の一つと考えられています。症状の進行に関しては、自覚症状に乏しく、自分でわかる症状が出てきたときには、かなり進行していることがあります。そんなことから当医院では歯周病治療に力を入れております。

歯周病の罹患の原因はプラークという細菌の塊によって引き起こされます。一般的には、歯周病治療には歯科医院で行われるプロケアと、患者さんがお家で行うセルフケアが考えられます。

歯科医院できることと、できないことがあるのですが、例えば家庭でのブラッシングでは、歯ぐきより上の部分のプラークは取れても、歯周ポケットの奥のプラークや歯石は取れません。炎症の原因となるプラークがくっついたままだと、歯周病はいつまでも治りませんし、進行する恐れもあります。また、ゴツゴツとした歯肉縁下歯石があると、その周りにプラークがくっつきやすくなります。

これらを除去し、歯ぐきの健康を取り戻すのが歯科医院の仕事です。実際には、スケーラーという器具を歯周ポケットに挿入して、歯の表面からプラークや歯石を丁寧に取り除いていきます。

しかし、取り除いたからといって、それだけで歯周病が治るわけではありません。歯周病の治療においては、まず患者さんが自分の手で歯を清潔に保てるようにならなければいけません。そのために、歯科医院ではブラッシングの仕方を指導しています。普段のブラッシングができていないと、プラークがまた歯ぐきに入り込み、炎症が再発してしまうのです。

歯科医院でのプロケアと患者さんのセルフケアの2つが歯周病治療には不可欠です。

歯周病についてわからないことがあれば、いつでもご質問ください。