お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

親知らずの抜歯について

三島市にあります友デンタルクリニック・浅井です。

親知らずの抜歯について、今回はお話しさせていただきたいと思います。

もともと4人に1人は親知らずがない方、もしくは本数の少ない方もいらっしゃいます。

現代の人間は顎が小さい方が多くなっており、そうすると生えるスペースがなく、本来の生える向きとは異なる方向を向いて生えてくるケースや潜ったままで生えないケースがあります。日々患者さんの診療をしていると、まっすぐ生えていて虫歯になっていない方の方が少ないような気がします。

ただ本来の向きとは異なる方向にあったとしても、骨の中に完全に埋まっていて、病変のない場合は、悪さをすることはほとんどないため、抜歯をお勧めすることはありません。

親知らずを抜かなくていい場合としては、まっすぐ生えていて虫歯になっていない場合、歯ぐきが親知らずに覆いかぶさっていない場合、上下の親知らずがしっかりと噛みあっているなどが挙げられます。

逆に抜いたほうがいい場合としては、親知らず斜めに生えている、水平に埋まっていて歯の頭が部分的に見えている場合、すでに虫歯や歯周病が進行している場合、いままでに腫れや痛みを繰り返しているなどが挙げられます。親知らずはもともと一番奥に生えてくる歯なので磨きづらく、磨き残しが起こりやすい結果、虫歯になりやすい、歯茎が腫れやすい、炎症が大きくなると口が開きづらくなったらり、ものを飲み込みづらくなったりする傾向にあります。

当院では歯茎に潜っている場合の抜歯については、抜歯の専門医である口腔外科を紹介させていただいており、患者さんに対して安心安全に行えるようにしています。

気になる症状がある場合は、いつでもご相談ください。