お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

歯周病の原因は…

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

30歳以上の方の実に8割以上が罹患しているといわれる歯周病(歯肉炎、歯周炎)ですが、その原因は、プラークという細菌の塊が歯の表面にくっつくことで引き起こされます。

人間のお口の中には実におびただしい数の細菌がいます。これはいくらお口の中をきれいにしていたとしても残念ながら存在しています。特に、歯磨きがうまくできていないところには、細菌が停滞しやすく、その場所に塊ができます。それがプラークです。

これが歯と歯ぐきの境目に長時間くっついていると、歯周病菌といわれるものが増えてきます。それらの菌は主に血液中のタンパクなどを自身の栄養分としているので、毒素を出して体の組織内に入り込もうとします。

人間の体は内部に外敵が入り込もうとした場合、白血球をはじめとした「防衛軍」をその場所に動員します。そこで体と細菌が戦うわけですが、戦場となった歯ぐきは「焼け野原」のような状態になります。この状態が「炎症」で、実際には歯ぐきが腫れたり、出血しやすくなります。始めの段階では、歯の周囲の骨までには炎症は進んでいません。この段階が「歯肉炎」です。

「防衛軍」がなんとか細菌の侵入を食い止めようとしても、プラーク細菌が増えれば体の方はだんだん不利になって後退していきます。結果、歯ぐきが下がり、歯周ポケットができてしまいます。

歯周ポケットができると細菌はさらに暴れるようになり、炎症はより深いところまで進んでいき、やがて歯を支えている骨などの部分に近づきます。すると歯を支えている骨は炎症から逃げようとして、吸収していきます。これが「歯周炎」です。この状態になるとさらにポケットは深くなり、炎症も拡大し、やがては歯の根元まで進んでいき、最終的には歯が抜けてしまうのです。

また、骨が吸収する痛みは出にくいので、患者さん本人も知らずのうちに進行することが多い恐ろしい疾患です。骨は一度吸収してしまうと、基本再生することはないので早期発見と早期治療が重要となってきます。

お口の中で何か気になることがあれば、いつでもご相談ください。