お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

子供の歯磨きについて

三島駅南口、友デンタルクリニック・勤務医伊東です。

お子様の歯磨きに頭を悩ませてるお母さん、案外多いのでは?と思います。実際、私も子供をもつ友人によく相談されます。子供が歯磨きを嫌がって仕方ない、どんな歯ブラシを使ったらいいのかわからない、1日何回磨いたらいいの…などなど。では、赤ちゃんの歯磨きはいつから始めたら良いのでしょうか?

乳歯が生え始めてから(生後6ヶ月頃~)がひとつの目安ですが、この頃はまだ歯磨き(お口の中を綺麗にすること)に慣れてもらうこと、これが一番の目的になります。ですので、お母さんが使用するのは、歯ブラシではなくガーゼや綿棒でも良いと思います。それとは別に握りやすく扱いやすい歯ブラシを赤ちゃんに与えてあげても良いでしょう。その時は、ストッパーがついているものやリング状の歯ブラシなど赤ちゃんのとって安全なものを選んであげて下さいね。歯固めを兼ねて遊びながらお口の中にブラシを入れていることで赤ちゃんも少しずつ歯ブラシそのものに慣れていきますよ。

1歳頃からは徐々に本格的に歯磨きの習慣を付けていきましょう。でも、この頃はまだじっと歯磨きをするのって難しいですよね。1日1回、夜寝る前に必ず磨いてあげること、これを目標にしましょう。もちろん、それより多い回数でも良いのですが、1日1回磨くのが精一杯!というのであれば、夜寝る前をオススメします。何故なら寝ている間は唾液の分泌量が減り、お口の中の細菌数が増加してしまうからです。これは、大人も同じです。使う歯ブラシはストッパーがついている安全なものであることが大前提となりますが、更にブラシ部分が小さく、柔らかいものを使ってあげましょう。赤ちゃんのお口の中は大変デリケートですので、あまりに硬いものや大きなブラシはお口に大きな負担をかけ、不快感へと繋がってしまいます。また、仕上げ磨き用の歯ブラシもしっかり使っていくことに慣れてもらいましょう。柄の長く、ブラシ部分の小さな仕上げ磨き用歯ブラシを用意して下さい。仕上げ磨き用のブラシはやや柔らかいもの~ふつうの硬さのものを、お子様の好みに合わせて選びましょう。

また、歌を歌いながら、など、お母さんと一緒に楽しみながら歯磨きが出来るといいですね。嫌がるからと言って押さえつけて無理矢理磨くのはNGです。グズってしまって全然磨けない、そんな時は途中でやめても大丈夫。どこを磨いたかをしっかり覚えておいて、次の日は残りの部分から…など、出来るだけ特定の部位に磨き残しが残らないようにしながら、少しずつ歯磨きの習慣をつけていきましょう。

わからないことがあれば、いつでもご相談くださいね。