お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

虫歯の成り立ちについて。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

歯を失ってしまう2大原因といえば、虫歯と歯周病です。だいたいこれらで全体の8割を占めます。今回は、虫歯の成り立ちについてお話ししようと思います。

歯医者さんや小学校などでも、歯磨きができているかどうか調べるために使用される染め出し液がありますが、あれは歯の表面についたプラークを染めるものです。プラークとはおびただしい数の細菌が集まってできたものです。

歯の表面についたプラークの中の虫歯菌は、砂糖などの炭水化物を分解して酸を作ります。その酸によってプラークの中、つまり歯の表面は酸性になり、カルシウムが溶け出します。この現象を「脱灰」といいます。酸は唾液の作用によって中和され、再びカルシウムが歯の表面に戻ります。これを「再石灰化」といいます。歯の表面では、常にこの脱灰と再石灰化が繰り返されています。頻繁に砂糖などを取り続けていると脱灰が進み、歯の表面が柔らかくなり、最後には穴が開いて虫歯ができます。

虫歯菌は常在菌と言って誰のお口の中にも存在しています。ただ、虫歯菌のえさとなる砂糖や炭水化物があって、時間が経過することではじめて虫歯になるのです。しかし、歯の表面がフッ化物で強化されていたり、唾液の酸を中和する能力が高かったりすれば、虫歯の発症を防ぐことも可能です。

何か気になることがあれば、いつでもご相談ください。