お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

子供の虫歯について①

はじめまして、こんにちは。

昨年の11月より友デンタルクリニックに勤務しております歯科医師の伊東と申します。皆様の不安な気持ち少しでも寄り添えるようなコミュニケーションを大切にしながら診療に臨んでいきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

私自身、1児の母であり子育て真っ最中であることから、このブログではお子様のお口の健康についての情報を正しくお伝えできたらと思っております。

今回から何度かにわたり、乳歯(子供の歯)の虫歯についてお話をしていきたいと思います。まずは乳歯の虫歯についてです。

乳歯は永久歯に比べて柔らかく、歯そのものの形状や、内側にある歯の神経の形から、虫歯になりやすく、また神経にもダメージをを受けやすいといわれています。虫歯は咬む面だけでなく歯と歯の間からもできやすく、一度虫歯になると進行が速いので注意が必要です。乳歯の歯と歯の間はとても磨きにくく、仕上げ磨きを嫌がるお子様も多いことから本当にたくさんのお子様がこの部分に虫歯を作り来院されます。上から見るとあまり目立たず、お母さんも全く気付いていなかったが、レントゲン写真を撮って初めてわかり、びっくりされるケースもよくあります。

当然虫歯になると治療が必要になりますよね。大人の方でも嫌な虫歯治療、治療が好きなお子様はいるはずもありません。泣き叫ぶお子様を治療しなくてはならないときは、私たち治療する側も心が痛みます。子供の虫歯治療はなるべくなら避けてあげたいですよね。

次回からは、どうやって虫歯になっていくのか、その原因とさらに予防について、少しづつお話していきたい思います。