お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

たばこの影響について

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

喫煙率は年々減少しているそうですが、タバコは全身への害はよく知られており、口はタバコの煙が最初に通過する場所でお口への害も当然あります。

タバコにより、歯ぐきに独特な着色が起こります。加えて口腔・咽頭がんの発生率が約3倍になるほか、味覚が鈍くなったり、口臭を悪化させます。1980年代ごろより、喫煙者と非喫煙者で歯周病の進行具合に差があることが注目され始め、現在では喫煙は歯周病のリスクファクターの一つとなっています。また最近では子供の虫歯発生率や歯の根の消毒の成功率も、親が喫煙者か非喫煙者かで左右されるとの報告もあります。

タバコには4000種以上の化学物質が含まれ、そのうち40種類は発がん物質といわれています。タバコの三大有害物質はニコチン・タール・一酸化物質です。ニコチンは依存性が強く、喫煙しようと思ってもなかなかやめられないのはこれが原因です。タールはいわゆる「ヤニ」で強い発がん性があります。タバコを吸っていると、住居の壁が黄ばんだりべたべたしたりするのはタールのせいです。また、タバコは低い温度で不完全燃焼するため、一酸化炭素が発生します。

一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと非常に強く結びつきます。普通なら、ヘモグロビンは酸素と結びついて、体中に酸素を運搬する働きをするのですが、一酸化炭素と結びつくと体への酸素供給が妨げられます。その結果、タバコを吸う人特有の白髪・目じりのしわ・歯、歯肉の着色、口臭・口周りのしわ・口唇の乾燥、着色など特有のいわゆる「スモーカーズヘェイス」の原因となります。

何かわからないことがありましたら、いつでもご相談ください。