お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

妊娠中のお口の中の変化について

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

当院には時々ではありますが、妊娠中の患者さんが来院されることがあります。検診であったり、痛みがあったりと様々ですが、妊娠中は時期によっては行える診査であったり治療なりが制限されることがありますので、できれば、妊娠前にお口の中の問題を解決できておくといいですよね。

特に妊娠すると、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの血清濃度の上昇に伴い、唾液や歯ぐきの周りにある溝の中から出てくる組織液(歯肉溝浸出液)の中のホルモン濃度も上昇します。

歯周病原因菌はこの女性ホルモンを栄養素とするため、妊娠中は妊娠関連性歯肉炎や妊娠関連性歯周炎がおこりやすくなります。つまりは妊娠することにより歯ぐきの問題がおこりやすくなるのです。

そうすると妊娠前にはなかった、歯ぐきが腫れたり、ブラッシング時の出血、歯ぐきがおおぼったい感じがするとか、果ては口臭を伴ったりします。

妊娠関連性歯肉炎に関しては、適切なブラッシングとプラークコントロールを徹底することにより、比較的容易に改善することが可能です。出産され、ホルモンバランスがまた整うことでもよくなります。

またお口の中のお掃除することでさっぱりした感じもありますので、妊娠中の方は検診もかねて、いつでもご相談ください。