お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

コンポジットレジン(歯科用プラスチック)修復について

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

虫歯の治療というと、ごくごく一般的な方法は銀歯で治す治療法になるのでしょうか?

はじめて来院される患者さんのお口の中を拝見しますと、銀歯が装着されているケースは、やはり多く感じます。

銀歯で治療する場合、それ自体には歯に対して当然、接着力はなく、接着剤の力を借りないとくっつけることができません。そのため、削る形が重要になってきます。イメージとしては、摩擦力が働くようにある程度深く(1.5㎜程度)削らないといけませんし、またメリハリのある形にしないといけません。そうすると、虫歯の大きさに対して歯の切削量がどうしても多くなってしまいます。なるべくなら健康な部分は削りたくないと、常に思っています。

そういった思いから、当医院ではコンポジットレジン(歯科用プラスチック)による治療に力を入れています。なんといっても一番の利点は、歯への接着性がありますので、虫歯のところだけを削ればいいので、健康な部分をほとんど残すことが可能です。治療成績を見ても、銀歯で治すのと全く変わりません。また材質や充填方法によっては、どこを治したか、わからないようにすることも十分可能です。

ただし、虫歯の大きさや治療の本数、回数の制限によっては選択できない場合もありますので、いつでもご相談ください。