お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

歯周病について

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

日々診療をしている中で、一番やりたくない診療は抜歯です。患者さんの大切な歯を抜くという行為ほど精神的につらいことはありません。

歯を失う原因の約80%は、虫歯と歯周病が占めています。そのうち、虫歯よりも歯周病が原因で抜歯になってしまう方がより多くなっています。

虫歯の場合は症状が進行していくほどに、痛みも大きくなっていくので、苦手な歯医者さんでも「さすがに行かないといけないかな」と感じていただけると思うのですが、困ったことに歯周病の場合は症状が進行しても、また進行していく過程でも、痛みを伴わないことが多いため、患者さんに感じる程度の症状が出たときはかなり進行していることが予想されます。

歯周病の最たる症状は、歯を支えている顎の骨が溶けることです。つまりこの骨が溶ける痛みが無い所が、歯周病の怖い所です。しかも一度失った骨は基本再生しません。歯周病が原因で来院された患者さんの治療の目標は今ある骨の位置を治療によってキープしていくことになります。

そのため初診時に、あまりにも歯を支えている顎の骨がない場合は残念ながら、抜歯を選択しないといけなくなってしまいます。

レントゲン写真や歯周検査を行うことで、簡単にリスク評価を行うことができますので、気になる方はお気軽にご相談ください。