お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

歯の神経の処置について

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

虫歯が大きくなり、何もしなくても痛みがあるような時には、多くの場合、歯の神経を取る処置が必要となります。歯の中心部には神経や血管が収まっている管があるのですが、根の先端からそれらを除去する治療です。

神経が無くなることにより、比較的早期に今まであった症状も無くなりますが、根の中にはまだ感染した部分が残っているので、何回か消毒が必要となります。特に奥歯の場合、根っこ自体が複数にわかれているので、回数が余計かかってしまいます。

時々ですが、患者さんの中で、根の消毒中に来院が途絶え、かなり時間が経過したのち、当該歯に再度痛みが出て再来院されるケースがあるのですが、その場合は、仮のふたがとれて根の内部に再感染を起こし、大きな虫歯になっているようなことがあります。

歯の内部は、外側と比べて歯そのものが軟らかく、虫歯になると進行が速いです。またこの時は神経はないため、虫歯による痛みはありません。この時の痛みは根の先にまで感染が及んだことによるものになります。中の虫歯があまりにも大きく進行している場合は、最悪抜歯の可能性もあります。

ですので、神経を取るような治療を受けられる場合は、最後までかかられることをお勧めいたします。