お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

歯をなくした場合の治療方法について

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

虫歯や歯周病、または歯の破折などによって、不幸にして歯をなくしてしまった場合、当然そこには新たな歯を入れないといけません。

一般的には、ブリッジ・入れ歯・インプラントの3種類の方法が考えられます。

ブリッジとは、歯がない所に対してその両隣の歯を一回り小さく削り橋渡しの歯を入れる固定式の歯になります。利点は、患者さん自身による取り外しの必要はなく、自分の歯のように噛めますし、保険適応のものもあります。欠点は、前後の歯を削らないといけないというのが最大の欠点になります。

入れ歯とは、取り外しの歯になります。利点は、前後の歯削らずに済むか、もしくは極々少量の切削で入りますし、保険適応のものもあります。欠点は、患者さん自身で取り外すタイプで、お食事のあとは、自分で外してお掃除する必要があります。また部分入れ歯の場合はバネの維持を自分の歯に求めるので、ケアが悪いと虫歯になりやすいです。その他に場所によってはそのバネの部分が見た目に影響をきたす場合があります。

インプラントとは、顎の骨に人工歯根を植えてその上にかぶせ物を入れる方法です。利点は、前後の自分の歯を削らず済むのと、固定式になりますので自分の歯のように噛めて、ほかの歯のように歯磨きもできます。欠点は自費診療なることと、ケアが悪ければ虫歯になりませんが、歯周病にはなりますので、定期的なチェックが必要になります。

言葉だけでは、わかりづらい部分がありますので、わからないことがあれば、いつでもご相談ください。