お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

前歯の歯ぐきが茶色や黒くなる場合は…。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

歯ぐきの変色の原因には、①歯周病による歯ぐきの腫れや赤み②メラニン色素による広範囲の歯ぐきの黒ずみ(先天的・喫煙による)③差し歯などに使われる金属による黒。

特に前歯に差し歯がなければ喫煙による影響か先天的なものが考えられます。

一つの原因であるタバコの場合、含まれるニコチンやタールの作用で、歯ぐきの血液の循環が悪くなる、細菌と戦う白血球の働きが減退する、体全体の抵抗力が低下する、などの影響を受けるようです。タバコを吸う人と吸わない人とでは歯周病のなりやすさは2~9倍になるといわれています。

喫煙は、歯周病を悪化させる危険因子です。タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させ、歯ぐき及び周囲組織の微小血管の循環が悪くなります。歯周病の初期症状である「歯ぐきが赤く変化する」や「歯ぐきからの出血」等の症状が現れにくく、気づかないうちに進行してしますことが多い様です。

歯周病は進行するほどに治療期間も長くなり、再発しやすくな病気です。タバコを吸うから歯周病になる訳ではありませんが、同じ治療をしてもタバコを吸っている人の方が治るのも遅いので、喫煙する方は年に3~4回の歯のお掃除と検診をお勧めいたします。