お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

義歯使用時の痛みの原因は…

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

歯のない所は一般に「どて」などと表現することもあります。歯科では「顎堤」と呼んでいます。歯がなくなった後は肉が土手状に盛り上がっていきますが、年々、その盛り上がりはやせて低くなります。そのやせていくことを顎堤吸収といいます。歯がなくなった時、この顎堤の上に義歯(入れ歯)が乗ります。適合していた義歯でも、吸収が起こると合わなくなり、当たりが出て痛みが出ます。

また、長年の噛み合わせによって歯が摩耗し、すり減ってきますと上下的な高さ(咬合高径)が失われて、噛み合わせが変化します。今まで噛んでいた場所が低くなって、噛みあわないために、噛みやすい場所を探して噛もうとし、あっちこっちに当たりが出るようになり、褥瘡(傷)ができている可能性があります。

がんや骨粗しょう症の治療を受けて、ビスフォスフォネート系の薬剤の投与を受けた方の褥瘡は難治療になりますので、義歯の定期的なチェックと調整が必要になります。

傷がなく、チクチクあるいはヒリヒリと痛みを感じるのは、その部分のすぐ下に舌神経が走行しており、骨の吸収が進み、義歯が圧迫して痛くなっている可能性があります。痛い部分の義歯を削り、当たらないようにして、ダメージを受けた神経の再生を半年以上待ってから、義歯の裏打ちをするか新しい義歯を作ります。

義歯でお悩みの方は、いつでもご相談ください。