お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

コンポジットレジン(歯科用プラスチック)治療について

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

歯が虫歯になると、当然虫歯を取るという治療が必要になります。削った後はそこに詰めるものが必要になるのですが、通常保険治療では銀歯で治すか、コンポジットレジン(歯科用プラスチック)で治すかの選択をすることになります。

それぞれの治療の比較をすると

銀歯で治す場合の利点として①コンポジットレジンよりも物理的な強度がすぐれている。②昔から行われている治療方法である。欠点としては①型どりをして作るタイプなので削る量が多くなる。(一部、健全な歯を削らないといけない)②接着剤の維持になるので、接着剤が劣化してくると外れやすくなる。③使用する金属は合金になるので、アレルギーの問題がある。

コンポジットレジンで治す利点としては①虫歯のところのみを削るだけですむ(健全な歯を残すことができる)②歯の色に近似しているので、見た目がよい。③歯と化学的にくっつけることができるので、外れることはほとんどない。④色が変わることがあるが、研磨をするとまた艶を出すことができる。欠点としては①詰める大きさによっては欠けることがある。②経年的な吸水により材質の劣化がある

当医院では、なるべくコンポジットレジンでの治療を行うように心がけています。治療する側としてなんといっても歯を削る量が必要最低限で済むというのが、その理由です。

ただし、やはり術前の虫歯の大きさによっては、銀歯での治療の方に分があることもありますので、気になることがあれば、いつでもご相談ください。