お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

こんにちは。三島市・友デンタルクリニック伊東です。

前回に続き、知覚過敏について書いていきます。今回は治療法についてですが、詳しくお話するととても長くなってしまうので、ここでは箇条書きにしていくつか簡単に挙げていきたいと思います。

治療法は、具体的に以下のものなどが挙げられます。

①再石灰化を促す

これは比較的軽度なものに言えると思います。軽度な知覚過敏であれば、唾液の作用による再石灰化により象牙細管の表面が封鎖され、それにより特に処置をすることなく、気がついたら症状が消失している、などということがあります。再石灰化を促進するためには、歯垢をブラッシングなどできれいに落とすこと、唾液が充分に歯の表面に接触するようにしておくこと、またフッ素や薬用ハイドロキシアパタイトを配合した歯みがき剤を使用することなどが効果的と言われています。

②神経の興奮を抑制する

硝酸カリウムという成分がこのような働きをすると言われており、歯磨き粉に含まれているものもあります。これを継続的に使用することで神経の興奮を抑え、知覚過敏に効果があると言われています。

③象牙細管を封鎖する

これは①に似ていますが、実際に象牙細管を封鎖することのできる物質を用いて直接的に塞いでいく方法です。歯磨き粉にもこのような効果があるものもありますが、歯科医院で専用のお薬を塗布することができます。後者の方がより効果的と言われています。

④露出部位を被覆する

これも③に近いものですが、お薬ではなく、接着剤やプラスチックのような材料を用いて樹脂による被覆を行います。実際に歯質に欠損がある場合などは、同時にその欠損部位を埋めることも出来ますので、こちらの方法を取ることも多いかと思います。

⑤神経を取る

これは最終手段と言えるかもしれません。知覚過敏はほとんどが一過性の痛みですが、痛みが長く続いたり、その程度が非常にひどい場合などは神経の炎症が疑われます。また、どの方法を試しても効果が見られず、その痛みにより日常生活に支障が出る場合にこの方法を最終手段として提案することがあります。

その他現在ではレーザーによる治療なども行われているところもあります。

知覚過敏に確実な予防法はないと言われています。強いて言うなら、象牙質の露出を防ぐこと、つまり、虫歯や歯周病、あるいは酸蝕症の予防や、間違ったブラッシングを行わないことなどが挙げられるかと思います。

当院でも知覚過敏に対する治療として薬剤の塗布やプラスチックを用いた被覆などを行なっております。お悩みの方は一度是非ご相談ください。

 

こんにちは。三島市・友デンタルクリニックの伊東です。

今日は知覚過敏症についてお話します。

知覚過敏は20代〜50代の方に非常に多くみられる症状で、誰でもなり得る歯のトラブルです。

これは、歯の内側にある象牙質と呼ばれる柔らかい層が露出することで起こります。歯の表面はエナメル質という非常に硬い層で覆われているのですが、その下にあるのが、この象牙質と呼ばれる柔らかい層です。この層はエナメル質の下に存在しているので、本来露出するべき部分ではありません。

象牙質表面には、歯の中心にある神経から外側に向かって象牙細管と呼ばれる管が無数に伸びています。この象牙細管の開口部がむき出しになることで、外部からの刺激がこの管を通じて神経まで伝わり、それによって瞬間的に痛みが発生します。これが、知覚過敏の症状が発生するメカニズムです。

では、何故本来露出すべきではない象牙質がむき出しになってしまうのでしょう。それには大きく2つの原因が挙げられます。

1つは先程述べました象牙質の上に存在しているエナメル質の摩耗です。エナメル質が何らかの要因により削れ、すり減ってしまうことで象牙質が露出します。

エナメル質はとても硬い層ですが、歯ぎしりや間違った強すぎるブラッシング、また酸蝕症などによって摩耗したり溶け出したりしてしまいます。そうするとエナメル質の内側に存在している象牙質の層がむき出しになってしまうのです。

もう1つの原因としてあげられるのが、歯茎の後退です。歯の頭の部分の表面はエナメル質で覆われていますが、歯の根っこの部分というのは、頭の部分とは少し構造が異なり、エナメル質が存在しません。歯茎が後退することで、本来は歯茎の下に存在し、守られていたはずの象牙質が露出してしまいます。これには、加齢によるものや、ブラッシング時の力が強すぎることによって歯茎が削られてしまう場合、また歯周病によるものなどが挙げられます。

象牙質が露出してしまう原因としてはこの2つが大きなものとして挙げられます。

次に治療法についてお話したいと思いますが、長くなりましたので、次回に続きます。

 

こんにちは。三島市・友デンタルクリニック勤務医の伊東です。

皆さんは歯の定期検診には通われていますか?

先日とても面白い記事を読みましたのでご紹介させて下さい。

以下引用です。

—————————

時価総額約9兆円、最近は中国の大手IT企業アリババに投資した20億円が含み益8兆円を超えるとも言われるソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏。彼が健康面で人一倍気を使っているのは、歯。世界中を飛び回り、VIPとの商談が続く多忙な中でも、定期的に3カ月に1度の歯科検診は長年続けているという。

孫氏がそこまで歯のチェックにこだわっているのは「米国などでは歯並びと白い歯がその人の健康のバロメーターという考え方があるからです。彼はサプリメントでバランスよくビタミンを摂取していたし、好んで飲んでいたのもフランス製のミネラルウォーター・ペリエでした。」(ウェブメディア「マネー現代」より引用)

ちなみに、酒を一滴も飲めず、食にはこだわらないことで有名な孫氏だが、定期的な運動など、自己のメンテナンスには多大な注意を払っていたようである。

健康法というと、病気にならないための運動や食事がすぐに思い浮かぶが、予防医療で重要なのは自己の健康状態をまず知ることである。定期健診に足を運ぶ社長は、自身の体調におかしなところがあれば、すぐに病院に行って診てもらうフットワークの軽さを持っている。対して、定期健診に行かない人は調子が悪くてもすぐには病院に行かないため、結果的に体が蝕まれてしまう危険性がある。

—————————

日本有数の大企業の会長であり、常人からしてみたら、きっと想像出来ない程に多忙を極めているであろう孫氏が、歯科検診に3ヶ月に一度通われているとは、非常に驚きました。しかし、歯も身体の一部である以上、自己管理の一環としてそれは当然のことなのかもしれません。また、欧米諸国では日本に比べ、歯に対する意識が高いと言われています。世界で活躍されている孫氏にとっては歯の健康に気を配ることはごくごく自然なことなのかもしれません。

先ほども言いましたように、日本人の歯への意識は欧米諸国に比べ非常に低いと言われていますが、それだけではなく検診自体への意識の低さも指摘されています。日本人の検診の受診率は他国に比べて非常に低いのです。

皆様、今一度検診の重要性をしっかりと考えてみてください。記事にもあるように、数ヶ月に一度専門家の元で定期的に健康をチェックする手間と、それをせずに身体が病に冒されてしまい、発見さえも遅れてしまうことの恐ろしさ。結果としてどちらが自身の為になるでしょう。答えは明白かと思います。

確かに定期的に医療機関に通い検診を受けることは面倒なことかもしれません。手間が全くかからないとは言いません。しかし、その小さな手間があなたの健康を守るということを決して忘れないで下さい。

当院では、定期検診にも力を入れております。担当の衛生士の元、患者様一人一人に合わせた処置をさせていただいております。お悩みがある方もそうでない方も是非一度ご来院下さい。

 

 

こんにちは。三島市・友デンタルクリニック伊東です。

前回の続きです。前回の記事も是非ご覧くださいね。

では、お子様の反対咬合について、続けて話していきます。

1歳半の時点での反対咬合が、上の前歯が少し内側に傾斜しているなど歯の原因によるものだと、奥歯が生えて噛み合わせの高さが増してくると前歯の反対咬合が自然に改善してくることがあります。また、奥歯の噛み方に問題の少ない反対咬合は、前歯が永久歯に生え換わるときに自然に治ることもあります。1歳半健診時に「永久歯が生えるときに歯科医に診てもらうように」などと言われた方はいらっしゃいますでしょうか?このように言われたのは、こうやって後に自然治癒することもあるためでしょう。また、矯正の必要や時期を検討するのも、永久歯が生えてきてからでも遅くはありません。

ただ、上下のあごの大きさのバランスが悪い反対咬合(上あごの劣成長または下あごの過成長によるもの)では、自然治癒を期待することが難しくなります。とくに下の前歯が上の前歯の前方に深く噛みこんでいる場合は、上あごの前方への成長が抑制されがちです。3歳を過ぎて乳歯の奥歯が生え揃ったあとも、そのような状態の場合は、一度、相談してみるといいでしょう。できれば小児歯科や矯正を専門としている先生のところが良いかと思います。上下の噛み合わせや上下のあごの発育を分析したうえで、必要なら乳歯のうちに噛み合わせの改善をしたほうがよいかどうかを勧めてくれるでしょう。

口の中にはめる装置を用いることもあれば、上あごを前方に引っ張る装置や下あごの前方成長を抑制する装置を用いることもあり、病態によって治療法も異なります。また、装置を用いた噛み合わせの治療には、お子さん自身の理解と協力も必要です。

 

こんにちは。三島市・友デンタルクリニック伊東です。今回は子供の反対咬合についてお話します。
少し長くなりますので、2回にわけて書いていきたいと思います。
市町村の健診で、お子様の噛み合わせについて指摘された方はいらっしゃるでしょうか。
それ以外にも、お子様の歯並びを見ていて、どこかおかしい気がする、噛み合わせが反対になっているように思う、などと不安を抱えてらっしゃる方もいるかと思います。
反対咬合について言えば、まずはすべての乳歯が生え揃い、噛み合わせが安定するまで、つまり3歳頃まで様子を見るのが良いかと思われます。いちばん奥の乳臼歯が噛み合ったあとも反対咬合のままなら、一度小児歯科か矯正歯科を専門としている歯科医院で相談してみて下さい。
1〜2歳ではまだ乳歯が生え揃わないため、乳歯の噛み合わせの診断は不確かです。1歳ごろの前歯だけのころですと、上下の前歯は比較的自由に噛み合い、1歳半ころに最初の乳臼歯が生えてきても、まだ噛み方は不安定です。2歳を過ぎていちばん奥の乳臼歯が生えてきて上下が噛み合うと、乳歯での噛み合わせがほぼ決まります。 ですから、1歳半健診での噛み合わせの診断は確定的なものではなく、経過を見ながら3歳児健診までつなげていくためのものです。噛み合わせが不安定なうちは、下あごを突き出したり、上下の前歯で歯ぎしりをしたりという行動も見られやすいものなので特に心配いらないことがほとんどです。
次回に続きます。

こんにちは、三島市・友デンタルクリニックの伊東です。皆さんは酸蝕症というのを聞いたことがあるでしょうか。

酸蝕症とは食べ物などに含まれる強い酸により歯が溶けていく病態です。食べ物(飲み物)の他にも、胃酸やビタミン剤、またメッキ工場などで酸性のガスを吸引することにより起こる職業性の原因なども挙げられます。

食べ物によるものなどは口に含んだ酸によって発生するため、全ての歯に起こる可能性があります。つまり酸蝕症の患者さんというのは全体的に歯が溶けている方が多いということになります。

前歯なら先端の部分が、奥歯なら咬む面が大きく凹むように溶けてしまうのです。

ではどのような仕組みで酸によって歯は溶けていくのでしょう。酸によって歯表面のpHが下がると、そこからカルシウムなどのミネラル成分が溶け出します。これを脱灰といい、pH5.4以下になると脱灰が始まります。通常は酸の供給が止まり、唾液の働きなどで酸が解消されると、プラークのpHは中性に戻り、いったん溶け出したミネラル成分も歯に戻ってきます。これを再石灰化といいます。

しかし、酸の解消までに約30分、ミネラル成分が歯に戻るまでには1時間以上はかかると言われており、そのため頻繁に酸を摂取すると、再石灰化する間もなく歯の脱灰が進み、歯はもろくなって溶け出してしまいます。

ジュースや炭酸飲料、乳酸飲料、スポーツ飲料などの酸性の飲料やレモン、オレンジなどの柑橘類は、ほとんどがpH4.0以下であり、歯の脱灰を起こす酸性度です。大人ですと、健康のためにと意識して食酢を飲んだり、ビタミンCの顆粒を飲んだりする方もいらっしゃいますよね。これらも同様に脱灰を起こす酸性度ですので、このような方も要注意です。

健康に良いからと意識的に摂取しているものが、実は歯にとっては悪い影響を及ぼすこともあります。

しかし、そうは言っても何事もやりすぎは禁物なはずです。適量を適度に摂取すると同時に、摂取後にうがいなどを行いお口の中のpHをコントロールしてあげることなどで、酸蝕症を防ぎましょう。

 

こんにちは、三島市・友デンタルクリニックの伊東です。

今回は、口臭の検査について最後にお話をさせていただきたいと思います。

口臭の検査には大きくわけて2種類あります。
ひとつは官能検査法と呼ばれるもので、術者の嗅覚による口臭強度の評価です。客観性が乏しく見えるため支持を受けにくいこともあり、またほとんどの患者様は特殊な機械を使った検査を期待して受診するため、検査に対する理解を得られないこともあります。

しかし訴えが口臭である以上、人間の嗅覚によるにおいの質や強さの評価は欠かせないとも言えます。官能検査法の目的は不快なにおいがあるかどうかの鑑別となります。

ふたつめは、機器による分析です。

口臭の主な原因物質は揮発性硫黄化合物(VSC)です。したがって、口臭測定機器は VSC 濃度を測定するものが多くなっています。ここで注意しなくてはならないのは、口臭検査において機器分析はあくまで対象とした原因物質(ここでは、VSC)の濃度を測定しているだけにすぎず、口臭そのものを測定しているわけではないことです。機器分析は口臭の「つよさ」を判定する補助的な手段でしかなく、最終的な診断は官能検査法が必要となってきます。また、この機器は全ての歯科医院にあるわけではありません。ある程度専門的な歯科医院にかからなければ、検査を受けることは難しいかもしれません。

今回何度かに渡り口臭の原因や検査についてお話させていただきました。口臭の原因はお口の中の細菌であることがわかっていただけたかと思います。お口の中が汚れていればいるほど、細菌は増えてしまいます。

口臭を予防するには、原因となっている可能性のある病気(虫歯も歯周病も口臭の原因となる病気です。)をしっかりと治療した上で、お口の清潔を保っていくことが何より大切なのです。

こんにちは、三島市・友デンタルクリニック勤務医の伊東です。
前回の続きです。口臭の原因物質についてお話を進めます。

前回もお話しましたが、

口臭は口の中の病気が原因で発生するものが9割であり、全身疾患(内科的、耳鼻科的な病気など)が原因で発生するものは1割ほどと言われています。

お口の中が原因で発生する口臭に含まれる不快なにおいの成分は20種類ほどあります。中でも揮発性硫黄化合物(きはつせいいおうかごうぶつ)には特有のにおいがあります。これは細菌が元で発生する物質です。

揮発性硫黄化合物は主に次の3種類のガスからなります。

・硫化水素(卵が腐ったようなにおい)
・メチルメルカプタン(生臭い、魚や野菜が腐ったようなにおい)
・ジメルサルファイド(生ゴミのようなにおい)

口臭はこれらのガスが混合したものなので非常に不快なにおいとなります。この揮発性硫黄化合物は口の中にいる細菌が、はがれた粘膜上皮、血球成分、死んだ細菌などのたんぱく質成分を分解して発生します。

お口の中には沢山の細菌がいます。その種類は数百種類にものぼると言います。細菌の温床である歯垢や歯石がたくさんお口の中にあればあるほど、当然細菌の数も増え、その細菌が作り出す不快な口臭の原因物質も増えます。

病的な口臭を減らすには、お口の中の病気をしっかりと治し、そしてしっかりとお口の中を清潔にして、細菌そのものを減らしていく必要がありますね。
次回は口臭の検査について最後に少しお話をさせてください。

こんにちは。三島市・友デンタルクリニックの伊東です。

前回に続き口臭についてお話します。

まずは、口臭の種類についてです。前回の記事で、口臭は、多かれ少なかれ全ての人に存在し、その程度が問題となることをお話しました。それも踏まえて、以下の種類を見てみて下さい。
口臭には大きく分けて3つの種類があります。

①生理的口臭
誰にでもあるにおいで、起床直後、空腹時、緊張時は特に口臭は強まります。これは唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物(VSC)がたくさん作られるためです。しかし、歯みがきで細菌やVSCが減少し、食事をしたり会話をすることで唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まります。したがって治療の必要がありません。

②飲食物や嗜好品による口臭
ニンニク、ネギ、酒、タバコ等によるものを言います。これらによる口臭は一時的なもので、時間の経過とともに無くなります。よってこれも治療の必要はありません。

③病的口臭
鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病などが原因で口臭が起こる場合もありますが、病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、歯周病、むし歯、歯垢(しこう)、歯石、舌苔(ぜったい)、唾液の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良などがあげられます。上記の二つとは違い、こちらは治療の対象となります。
次回は生理的口臭のところに出てきました口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物について、少し専門的にはなりますが、お話を進めていきたいと思います。

こんにちは。三島市・友デンタルクリニック勤務医の伊東です。
突然ですが、皆さん、ご自分の口臭を気にされたことはありますか? また、家族や仲の良いお友達など、身近な人に対して口臭を感じたことはありますか?
こういった経験は意外と多くの方にあるのではないかと思います。相手の口臭は指摘しづらいものですよね。また、自分のにおいは自分ではわかりづらいものです。
最近、口臭についての関心は高まり、口臭予防商品の売り上げは年々増加しているという話を聞きました。しかし、本来誰にでも口臭はあるものです。それを生理的口臭と言います。つまり、口臭はにおいの強さが問題なのであって、他人が不快感を感じるレベル以下であれば問題にはならないということです。そんなに口臭は強くないのに自分では口臭がすると思い込んで、非常に強く落ち込んでしまう方が中にはいらっしゃいますが、必要以上に神経質になることはありません。
つまり、大切なのは、口臭について正しく理解して、口臭を予防することなのです。
今回から何度かに渡り、口臭の原因や、検査、また予防について少しずつお話していきたいとおもいます。

1 2 3 4 5 6 13