お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

子供のお口の管理について(0歳から1歳)

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

診療をしていますと、小さなお子さんがいるお母さんからの質問で、子供のお口の中の管理の仕方についての質問があります。特に生まれたばかりのお子さんに対して、歯ブラシを使ったらいいのか?歯医者さんにはいつからかかったらいいのか?など。

唯一、歯だけが体の中で後から生えてくるもので、どのように管理したらいいのか難しい部分があるかと思います。

例えば、0歳から1歳の場合、お口の中に入るもの、離乳食を含めてほぼお砂糖が入っておりません。早い子で生後半年ぐらいで離乳食を食べるようになるのでしょうか?それでも、もともとお砂糖が入っていないため、虫歯かどうかのということに関しては、そこまで神経質になることはこの時期はなさそうですね。実際、この時期のお子さんのお口の中をチェックすると全く問題ないです。

では、実際に歯磨きはどのようにしたらいいのでしょうか?歯が生えてくるとどうしても、意識として虫歯にさせないようにすぐに歯磨きを開始しがちですが、この時期のお子さんに、歯ブラシを充てようとするのはなかなかむずかしいかと思います。お砂糖がお口の中に入っていないということを考えても、この時期はガーゼで拭うなどの仕方でいいと思います。

歯医者さんを受診される時期に関しては、だいたい半年に一本のペースで乳歯が生えてきますので、そのぐらいの間隔で受診されるといいのではないでしょうか。

何かわからないことがありましたら、いつでもご相談ください。