お知らせ|三島市で歯科をお探しの方は友デンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

喫煙率は年々減少しているそうですが、タバコは全身への害はよく知られており、口はタバコの煙が最初に通過する場所でお口への害も当然あります。

タバコにより、歯ぐきに独特な着色が起こります。加えて口腔・咽頭がんの発生率が約3倍になるほか、味覚が鈍くなったり、口臭を悪化させます。1980年代ごろより、喫煙者と非喫煙者で歯周病の進行具合に差があることが注目され始め、現在では喫煙は歯周病のリスクファクターの一つとなっています。また最近では子供の虫歯発生率や歯の根の消毒の成功率も、親が喫煙者か非喫煙者かで左右されるとの報告もあります。

タバコには4000種以上の化学物質が含まれ、そのうち40種類は発がん物質といわれています。タバコの三大有害物質はニコチン・タール・一酸化物質です。ニコチンは依存性が強く、喫煙しようと思ってもなかなかやめられないのはこれが原因です。タールはいわゆる「ヤニ」で強い発がん性があります。タバコを吸っていると、住居の壁が黄ばんだりべたべたしたりするのはタールのせいです。また、タバコは低い温度で不完全燃焼するため、一酸化炭素が発生します。

一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと非常に強く結びつきます。普通なら、ヘモグロビンは酸素と結びついて、体中に酸素を運搬する働きをするのですが、一酸化炭素と結びつくと体への酸素供給が妨げられます。その結果、タバコを吸う人特有の白髪・目じりのしわ・歯、歯肉の着色、口臭・口周りのしわ・口唇の乾燥、着色など特有のいわゆる「スモーカーズヘェイス」の原因となります。

何かわからないことがありましたら、いつでもご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

当院には時々ではありますが、妊娠中の患者さんが来院されることがあります。検診であったり、痛みがあったりと様々ですが、妊娠中は時期によっては行える診査であったり治療なりが制限されることがありますので、できれば、妊娠前にお口の中の問題を解決できておくといいですよね。

特に妊娠すると、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの血清濃度の上昇に伴い、唾液や歯ぐきの周りにある溝の中から出てくる組織液(歯肉溝浸出液)の中のホルモン濃度も上昇します。

歯周病原因菌はこの女性ホルモンを栄養素とするため、妊娠中は妊娠関連性歯肉炎や妊娠関連性歯周炎がおこりやすくなります。つまりは妊娠することにより歯ぐきの問題がおこりやすくなるのです。

そうすると妊娠前にはなかった、歯ぐきが腫れたり、ブラッシング時の出血、歯ぐきがおおぼったい感じがするとか、果ては口臭を伴ったりします。

妊娠関連性歯肉炎に関しては、適切なブラッシングとプラークコントロールを徹底することにより、比較的容易に改善することが可能です。出産され、ホルモンバランスがまた整うことでもよくなります。

またお口の中のお掃除することでさっぱりした感じもありますので、妊娠中の方は検診もかねて、いつでもご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

診療をしていますと、小さなお子さんがいるお母さんからの質問で、子供のお口の中の管理の仕方についての質問があります。特に生まれたばかりのお子さんに対して、歯ブラシを使ったらいいのか?歯医者さんにはいつからかかったらいいのか?など。

唯一、歯だけが体の中で後から生えてくるもので、どのように管理したらいいのか難しい部分があるかと思います。

例えば、0歳から1歳の場合、お口の中に入るもの、離乳食を含めてほぼお砂糖が入っておりません。早い子で生後半年ぐらいで離乳食を食べるようになるのでしょうか?それでも、もともとお砂糖が入っていないため、虫歯かどうかのということに関しては、そこまで神経質になることはこの時期はなさそうですね。実際、この時期のお子さんのお口の中をチェックすると全く問題ないです。

では、実際に歯磨きはどのようにしたらいいのでしょうか?歯が生えてくるとどうしても、意識として虫歯にさせないようにすぐに歯磨きを開始しがちですが、この時期のお子さんに、歯ブラシを充てようとするのはなかなかむずかしいかと思います。お砂糖がお口の中に入っていないということを考えても、この時期はガーゼで拭うなどの仕方でいいと思います。

歯医者さんを受診される時期に関しては、だいたい半年に一本のペースで乳歯が生えてきますので、そのぐらいの間隔で受診されるといいのではないでしょうか。

何かわからないことがありましたら、いつでもご相談ください。

 

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

前回のブログにも載せておりますが、知覚過敏が原因の痛みで来院される患者さんが多くいらっしゃいます。

そんな患者さんとの会話の中で、そもそも知覚過敏の原因が何なのかという質問を受けます。

知覚過敏を引き起こす可能性のあるものは一つではなく、いくつかあります。

たとえば列挙するだけでも、歯磨きの仕方や、そもそも歯磨き剤によるもの、酸性の飲食物の頻回の摂取、ホワイトニング治療、歯周病となってしまった結果によるもの、歯周病治療の一つである歯石除去後、虫歯により歯に穴が開いた結果、加齢により歯ぐきが下がってしまったことによるもの、食いしばりや歯ぎしりなどの過剰な歯に対しての力の負担など挙げるだけでもさまざまな原因が考えられます。

こうして挙げてみると、けっして一つではなく実に様々な原因が考えられます。

もちろん原因によって治療方法は異なりますので、まずはしみている原因がどこにあるのかを、歯医者さんを受診して特定するところから始める必要があります。また、原因の中には一過性の症状の場合もあり、時間の経過とともに落ち着いてくることもあります。

気になる症状がある場合は、いつでもご相談ください。

 

 

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

当医院に来院される患者さんの中で、気になる症状として「しみる症状があるので、虫歯はないかと心配になり来た」とおっしゃられ、よくよくお口の中を見てみたり、レントゲン写真を撮ってみたりしてみても、はっきりとした所見はなく、ただし風をかけると確かに虫歯はないのにしみているということがあったりします。

その場合は、患者さんには「知覚過敏ですね」とお伝えすることになるのですが、この「知覚過敏」は冷たいものを飲んだ時の温度による刺激だったり、またはブラッシング時の機械的な刺激、甘いものを食べた時、風や酸性のものを口の中に含んだ時に歯がしみる症状が出ることをいうのですが、最近ではCMでもよく流れていますよね。

割合は意外と多く、4人に1人、つまり25パーセントの確率で起こるといわれています。ですので、決して珍しいものではありません。

歯を構成している組織で、表層部分にはエナメル質があり、これは構成している95%は無機質でなっており、そのためこれ自体は刺激を通すことはありません。しかし何らかの原因でこの部分が削られてしまうと、中の象牙質が露出するようになり、この部分は歯の中心部の神経が存在するお部屋に対して、刺激を通しやすいため、何らかの刺激が加わった時にしみるようになってきてしまいます。

しみるような症状がある場合は、原因を含めて精査いたしますので、いつでもご相談ください。

 

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

治療の過程で、残念ながら抜歯をせざる得ない場合がどうしてもあるのですが、その時に患者さんから抜歯後の治療計画についてよくご相談があります。

一般的に歯が失われたところに人工的な歯を入れる方法は①入れ歯②ブリッジ③インプラントといった方法があります。ブリッジは橋を架けるという意味ですので、歯の失われた前後に残っている歯に、冠を被せる橋げた(支台)として利用し、失われた部分と連結した歯を作り、接着固定します。一方、入れ歯は残っている歯にバネをかけ、弾力を利用してひっかける、出し入れできるタイプです。

この二つの方法の理論的な違いは咬む力の負担方法です。ブリッジは力を土台の歯だけで受け止めますが、入れ歯は歯のない部分の歯槽提(土手)の部分も利用します。両者の判断の基準はこの力の負担をどのようにするかで決まります。また、残っている歯の数や状況、咬み合わせや歯列の形状なども診断の要になります。

また、ブリッジでは歯の切削を伴いますので、欠損した部分の両隣の歯が健全な状態ですと、削る量が多くなってしまいます。

それぞれの方法にはどうしても長所と短所がありますので、わからないことがあればいつでもご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

少し前に患者さんから食事中の咬む音の大きさについての質問を受けました。その患者さんは、人から音が大きいとの指摘を受けたそうです。

上下顎の歯の位置関係が正常でなくなった状態を咬合異常といい、歯並びや咬み合わせ、下顎の動き、そしてお口を構成する組織の異常を原因として起こります。その咬合異常を調べる検査の一つに、咬み合わせの音を検出して判断する方法があります。耳で咬む音を聞き分けることも可能ですが、専用の装置も開発されています。デンタルサウンドチェッカーと呼ばれる装置で、目の下や頬骨のあたりにマイクを付けて、咬みあったときに出る音を検出して表示します。咬み合わせが正常で安定している場合には、短く、高く、澄んだ音が検出されます。一方、咬み合わせが不安定な咬合異常の場合には、長く、低く、濁った音が検出されます。

つまり、食事の時の咬む音が出ることが異常ではなく、大きな音が出るのは咬合力が強いからです。咬んだ時に発生する音は、空気よりも骨で伝わる振動のほうがはっきりと耳に伝わりますが、日常発生している音は気にならないことが多いようです。問題なのは発生する音の質にあります。「コンコン」と聞こえる、短く、高く澄んだ音であれば、まず問題ありません。歯が揺れることなく、力強く咬めていなければいい音は出ません。

気になる症状がある場合はいつでもご相談ください。

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

歯の中の虫歯菌などに侵されると、ズキズキと激しく痛みが出ます。またそのまま我慢して放っておくと果ては抜歯をしないといけなくなる可能性も出てきてしまいますので、ちゃんと治療してあげる必要があります。治療としては歯の神経が入っているところをきれいにして、原因となってしまった細菌をしっかりと除去し、さらに形を整えて最後にはその場所をしっかりとお薬を詰める必要があります。

この根の中の消毒は、治療回数がどうしてもかかってしまいます。その原因としては、歯の中は「根管」と呼ばれる管状になっており、この管の中を薬液や針のような細い器具を使用して、きれいにしていくことになります。しかし、根管はわずか1㎜の10分の1程度でとても細く、また形態もまっすぐではなく、複雑に入り組んでいる場合や曲がっている場合が多いです。しっかり細菌を除去し、再発しないように薬を詰めるには、根管の状態によっては、どうしても治療に回数がかかってしまいます。

適切に治療が行われると、痛み自体は比較的早めにとることは可能ですが、消毒が終わっているわけではなく、薬がちゃんと詰められるような、器づくりが必要です。痛みがなくなったからといって、途中で治療をやめてしまいますと、細菌が再び繁殖するようになってしまいます。その時には、歯の神経は取っている状態なので、痛みが出ないことが多いのですが、実は根の奥では感染がどんどん進行し、最悪抜歯に至ることもあります。

ですので、どうしても患者さんの大切なお時間をいただくことになりますが、必ず最後まで治療をお受けください。

三島駅南口から徒歩5分、友デンタルクリニック・浅井です。

口の中の温度や湿度は細菌の増殖にとっては最適な環境にあります。健康な場合は、唾液や粘膜からの分泌液によって細菌の過度な増殖を抑えています。しかし、高齢に伴う唾液分泌量が減少すると、味覚異常や感染防御機能の低下を意味し、感染症にかかりやすい状況になっていることになり、酵母菌の真菌類であるカンジダアルビカンスというカビが義歯に付着してヌルヌル状態にあるので、その時はまず義歯を清掃してみてください。

義歯の清掃には、普通の歯ブラシか専用のブラシを使う方法と、洗浄剤に漬けておく方法がありますが、要は毎食後、自分の歯を磨くことと同じような気持ちで手入れをすることです。その際は、義歯だけではなく、顎の粘膜も普通の歯ブラシで磨いてあげると粘膜が硬く強くなり、噛む力に対して抵抗力がつくので毎日・毎食後行ってください。ただし力の加減が必要です。

唾液で最も重要なのが水分です。食事中に最も多く分泌される唾液機能を補うには、水分を取ることが非常に重要です。それでも、不足し口腔乾燥症に対処するには人工唾液が使われます。

義歯には、粘膜に唾液を介してピッタリと毛細管現象で密着していることが理想です。2枚のガラス板の間に水を一滴のせて貼り合わせたときに、くっついて離れなくなるのと同じ原理です。しかし、骨は吸収して痩せていくので義歯と粘膜との間に隙間ができて、段差のある部分ができてきてしまうと、不快に感じついつい舌で触ってしまいます。隙間を埋めるリラインニングという裏打ちの方法もあります。また、さまざまな条件で義歯での対応ができない場合は、インプラントで機能回復する方法もありますので、何かお困りのことがありましたら、いつでもご相談ください。

 

三島駅南口、友デンタルクリニック・浅井です。

転んだりして歯をぶつけた場合などで、歯冠部(お口の中で白く見える部分)が折れた場合は、歯根(根っこの部分、通常歯茎に埋まっている部分)に問題なければ、神経のまで折れている線が達している場合は、根管治療(神経の処置)を行ったうえで、歯の上に土台を立てて、かぶせ物の装着が可能だと思われます。

歯根にひびが入っている歯は、放置をすると歯槽骨(歯根が埋まっている骨)にも悪影響が現れることがあり、とても注意が必要です。最悪の場合、抜歯が必要なこともあります。

たとえば、抜歯をしたとして、その後の治療としては、健康保険の範囲の中であればブリッジや部分入れ歯が考えられ、周囲の歯を保存したのであれば、部分入れ歯の適応ですが、維持するための歯に架けるためのバネなどが場所によっては審美性を損なう恐れがあります。

それ以外の方法としては、金属製の人工歯根を歯槽骨に直接埋め込み、歯根の代わりにするインプラントがあります。これは、欠損した場所に歯科用ドリルで穴をあけ、インプラント体を埋め込み、その上に上部構造物(歯冠部分)を作製するもので、自然の歯に近いものができます。ただし、自費治療であること、治療期間が長くかかることがあります(最低でも3か月程度)。

もしも、気になる症状がある場合はいつでもご相談ください。

1 2 3 4 5 6 10